多くの方に選ばれる長期優良住宅の戸建賃貸経営

平成ショールーム 096-378-0649

光の森ショールーム 096-233-0649

家を建てて他の方に貸す戸建賃貸経営


この記事は3分で読めます。

家を建てて他の方に貸す戸建賃貸経営

賃貸経営というワードを聞いた際、多くの方がマンションやアパートをイメージするのではないでしょうか。しかし近年では、空き家になるリスクが低く、継続的な居住が期待できる戸建住宅で賃貸経営する方が増えています。ただし賃貸といえども夢のマイホームなだけに住まう人が高機能を求めるのは当然のこと。そのため戸建住宅を賃貸する場合でも、長期優良住宅を建てた方がその後の定着率が高くなるそうです。

マンション・アパートではなく戸建の理由

今、賃貸経営をするうえで問題となっているのが、マンション・アパートの供給過多です。理由はひとつではありませんが、その中でも大きなものとして2015年1月に相続税課税が強化され、地主の節税対策としての貸家建設が増えたことが挙げられます。相続税の額は賃貸住宅を建てることで減額されるため、この時期に賃貸用のマンションやアパートが増え、結果として現在の供給過多状態が生まれています。

そこで注目を浴びるようになったのが、戸建の賃貸物件です。マンションやアパートに比べ圧倒的に数が少ないため、立地条件などにもよりますが入居者がいないといったリスクが軽減されます。またマンションやアパートを建てるのに比べ費用がかからないため、初期コストが少なくてもすむといった理由もあり、今、戸建の賃貸物件が人気のきざしを見せています。

戸建を借りるターゲット層とは

これまで賃貸物件といえばマンションやアパートが一般的だったため、戸建の賃貸物件に入居者がいるのだろうかと不安に思われるかもしれません。しかし実際には戸建の賃貸物件という概念がなかっただけで、潜在的な顧客は決して少なくありません。特にニーズが高いのは小さなお子さんがいらっしゃるご家族です。

小さなお子さんがいらっしゃるご家族は、子供部屋も含めて間取りの多い物件を求める傾向があります。しかしマンションやアパートで3LDK、4LDKとなると家賃もかなり高額となってしまいます。その点、戸建であればマンションやアパートに比べ低額で3LDK、4LDKの間取りを実現できます。

また小さなお子さんのいるご家族の悩みのタネといえば騒音です。赤ちゃんの時はもちろん、幼稚園、小学校になっても家の中を走り回ったり、飛んだり跳ねたりと自由の遊びまわります。しかしマンションやアパートでは当然ながら周囲の迷惑になるため、小さなお子さんがいるというだけで入居自体を断られてしまうケースもあります。戸建であればそういった心配がないことも、戸建賃貸が求められる理由のひとつです。

賃貸住宅でも求めたい長期優良住宅の品質

戸建賃貸は、一旦入居してしまえば、マンション・アパートに比べ居住期間も長期にわたる傾向があり、安定した収入を得ることが可能です。しかし長期にわたり入居して頂くためには、物件自体の品質も重要となります。

東日本大震災や熊本地震など、ここ最近の災害により、住まいに対する不安は以前よりも増しています。これは購入物件はもちろん、賃貸物件であっても同様で、耐震性や耐久性能の高さは物件を選ぶうえで最も重要なポイントとなっています。

今後、戸建賃貸が普及するに従い競合が参入してくることになります。その際に安心して入居者に住んでもらうには、先述した耐震性、耐久性能はもちろん、断熱性や気密性能も次世代省エネ基準をきっちりとクリアした長期優良住宅の品質で建てることが必須になります。

資金計画相談会のお申し込みはこちら

無料相談会

見学会のお問い合わせはこちら

施工事例

ページトップへ戻る