コラム「快適住宅のすゝめ」

情熱を持った建築家を探すことは家づくりの不可欠な要素


この記事は4分で読めます。

情熱を持った建築家を探すことは家づくりの不可欠な要素

家を建てる際にもっとも重要な役割を担うのが建築家です。デザイン性と安全性を兼ね備えた住み心地のいい家を建てるためには、腕のいい建築家に依頼することが大前提となるでしょう。家づくりに情熱を傾けている建築家ほど、依頼主からのヒアリングを重視し、要望に応えるために必死に対応してくれるはずです。家づくりに対して熱い想いを持っており、責任を持ってくれる方にオーダーしたいのは誰にでも共通するところでしょう。当コラムでは、建築家の熱意に焦点を当てていきます。

建築家は家づくりのスペシャリスト

自分たちが理想とする家をつくるには、各方面のスペシャリストの力を必要とします。その中でも重要な役割を果たすのが建築家です。建築家の仕事は、単に家を設計するだけではありません。環境、法律などさまざまな条件のもと、予算に合わせた最適な設計を実施。そして、設計図通りに工事が行われているかの管理し、家ができあがってからのアフターフォローまでこなします。まさに0から100までの多くの事柄に関わる家づくりのスペシャリストなのです。

建築士は国家資格を必要としますが、建築家の多くは建築士としての国家資格を持ったうえで、家のデザインに特化している場合がほとんどだと言えます。注文住宅のすべてオーダーメイドの建築でマイホームを建てたい方にとって、自分に合う建築家を探すことは理想の家をたてるために非常に重要なポイントとなります。

そのため、建築家と反りが合わなかったり、考えに共感できなったりする場合は妥協すべきではありません。家づくりのスペシャリストだからこそ、高いレベルで要望を実現できるかをしっかりと見極める必要があります。建築家の選定は家づくりにおいて、かなり重要な選択の一つだと言えるでしょう。

建築家の思考に共感できるかが重要

建築家を選定するうえで大切なことは、建築家の思考、価値観に共感し、しっかりと意思疎通ができるかを見極めることです。建築家は自分の建てたい家の理想や想いを最初に伝える相手になります。その想いを理解してくれない、寄り添った対応ができない建築家に、自分の家の設計を任せたくはないでしょう。互いの家に対する想いが一致し、理想を具現化するための価値観を共有できることが自分に合った建築家を選ぶための第一条件です。

自分に合った建築家かどうかは、まず相手のことをよく知らなくてはなりません。そこでおすすめなのがインターネットの活用です。家づくりに情熱を持った建築家の多くはホームページなどで有益な情報を多く公開しています。実績はもちろん家の対する想いやポリシーから注文建築を建てるうえで重要な事柄まで家づくりに必要なことを広く語っている建築家を探しましょう。そこに書かれていることをじっくりと読み、自分と価値観を共有できるかどうかを確認することが大切です。

建築家を探すことを「手間だ」「面倒くさい」と感じる方もいるかもしれませんが、家は一生物なだけにそこを妥協すべきではないでしょう。今後何十年も後悔し続けることがないように、理想に合った建築家を探すことを諦めないでください。

情熱を持った建築家に依頼することが成功の近道

インターネットなどで情報を収集し、これはと思った建築家がいたら、次のステップとしては実際に会いにいくことをおすすめします。多くの方にとって初めての経験であるマイホーム。理想の家を現実のものにするには、建築家と二人三脚で進んで行かなくてはなりません。足並みを合わせるためにも、納得のいくまで十分に話し合いましょう。

話し合いのポイントは、家族や将来のことを考えたうえで理想を具現化する設計をしてくれるかどうかです。「リビングの広さは?」「子供部屋の数は?」などの具体的な話ももちろんですが、まずは理想を語り合うことから始める情熱を持った建築家を見つけましょう。なぜなら家に住むのは購入する方なので、住まうことになる方の想いを大切にすべきなのです。

理想の家を手に入れる近道はいい建築家と出会うことだと言っても過言ではありません。建築家の手腕によって完成した家に満足できるかどうかが変わってきます。情熱を持った建築家を自身で探すことから家づくりは始まるのです。