Architect and creator コラム「快適住宅のすゝめ」

建築家とつくるセミオーダー住宅「R+house」とは?


この記事は3分で読めます。

手間やコストを抑えて理想の住宅を実現する「R+house」

「R+house」とは、建築家と一緒につくる、フルオーダーでの手間を省いたセミオーダー住宅です。フルオーダーだとあらゆる要望に応じてすべて1からつくるため、建材の取り寄せや採寸、加工など時間が余計にかかります。そうした手間を省いてルール化し、セミオーダーとすることでコストダウンにつながります。また、建築家がしっかり設計することで、コストダウンに加えて機密性・断熱性・耐久性といった充実の設備が整った暮らしやすい住宅を実現することも可能です。

フルオーダーには「ならでは」の手間が発生する

注文住宅はほかにはない自分だけの理想の家を建てられるといった大きなメリットがあります。しかし理想を限りなく追及すればコストが高くなることはもちろん、それ以外にもフルオーダーならではの手間も発生します。

例えば壁材と一口にいってもその種類は、サイディング、タイル、レンガ、塗り壁などがあります。さらにサイディングを選択したとしても今度は、金属系、窯業系、木材系などがあり、これらをすべて自分で選択していくことは、非常に大きな手間がかかります。もちろんさまざまな建材の取り寄せ、採寸、加工なども最初から仕様が決まっている建売住宅に比べ、時間という手間もかかります。

手間やコストをかけずにマイホームを建てる方法として、建売住宅があります。しかし建売住宅は手間やコストがかからないものの、買主の自由度は少なく、こういう家を建てたいというしっかりとした理想を叶えることは難しいといえます。では、できる限り手間やコストをかけることなく自分の理想を叶える家を建てることは不可能なのでしょうか? それを実現するのが、セミオーダー住宅「R+house」です。

効率化のルール策定で“コスパの高い家”を実現

前項でもご説明したように、注文住宅の手間とコストがかかる一番の理由は、フルオーダーという自由度の高さにあります。理想を叶えるため、あらゆる要望に応じてすべて1からつくるため、建材の取り寄せや採寸、加工などが必要になります。「R+house」はこうした手間を省くため、寸法・仕様・外観・設備それぞれに一定のルールを設定しています。

もちろんルールはあるものの、設計は建築家が行います。断熱材や窓など家の性能の根幹に関わる部分、そして床材など後からの変更が難しい部分では質の妥協を一切せず、しっかりとした構造につくり上げていきます。そしてそれ以外の部分に関しては、予算に応じて理想を追求していけるのが「R+house」です。

また「R+house」は一定のルールを決めることで、建築時の無駄を省くだけではなく、建材などの仕入れ時に中間業者を使わず、メーカーに直で発注するなどにより、できる限り低コストで理想の家を建てるという目的も果たすことが可能になっています。

規格にすでに含まれている機密・断熱性と耐久性

一般的に無駄を省き、低コスト化を進めていくと、家の耐久性や断熱性といった非常に重要な部分にかける費用も削られてしまうことになります。しかしそれではいかに見た目的に理想の住宅が建てられたとしても、そこに長く住まうことはできなくなります。「R+house」は手間やコストを削減しつつ、そうした家の根幹部分も決しておろそかにはしません。

断熱性、気密性の高さはいまや新築住宅にとって必須の要素です。「R+house」では元々の規格の中にオリジナルのパネルが含まれています。これを使用することで高い断熱性と気密性を実現します。また耐震性においても構造専門の設計士が耐震性をしっかりとチェックしています。お客様の理想をカタチにでき、コストも削減、機能性も抜群の住宅である「R+house」。これから注文住宅の建築をお考えであれば、ぜひ選択肢のひとつとしてご検討ください。