コラム「快適住宅のすゝめ」

整理整頓が苦手な人必見?!掃除がしやすい家とは


この記事は4分で読めます。

171225_02

掃除がしやすい家とは「設計」と「素材」

キッチンはアイランドキッチンに、書斎をつくって、リビングにはロフトをつけて……。など憧れのマイホームを建てるとなると色々な夢が膨らみます。しかしどんなに自分の希望を取り入れた家を建てられたとしても、少し気を抜くとすぐにモノが増え、汚れ目立つようになってしまった、などという話を聞くことがあります。人が毎日暮らしているわけですからモノが増えたり、汚れたりは仕方のないことですが、だからこそ毎日の掃除をしっかりとすることで、いつまでもキレイな状態を保ちたいものです。そこで今回は設計の段階から考える掃除のしやすい家、そして素材についてご紹介します。

掃除がしやすい「設計」とは

家を建てるとなるとつい、間取りや外観、インテリアなどに気がいってしまいがちです。しかしそれと同じぐらい重要なポイントは、掃除がしやすい設計にすることです。

1.できるだけ凹凸をなくす段差が多いと、そのたびに掃除の流れを止めてしまうことになります。段差や障害物が多いとそのたびに掃除機を持ち上げる手間が増え、面倒なうえ、段差の隅ができてしまうことで埃がたまりやすくなるデメリットもあります。

2.置き家具が少なくてすむようにするクローゼットや扉付きの収納を造り付けとすることで、置き家具が少なくてすむようにします。そうすることで部屋の中の障害物が減ります。またトイレ、洗面所、浴室などのそれぞれの使う洗剤が変わるような場所には、掃除用具や洗剤をすぐに取り出せる収納を用意しておくと、掃除が億劫になりません。

3.コンセントを多めに設置する家を建てるときはそれほど必要ないと思っても、生活をしていくうちに電化製品はどんどん増えていきます。電化製品が増えたのにコンセントの数が少ないと、そうしてもタコ足配線になり、コードが絡まることで埃がたまりやすくなるうえ、見た目も悪く掃除もしづらくなります。

コンセントを設置する際のコツとしては、掃除機のコードの長さを考慮し、届かない場所がないように計算して設置することです。また掃除機用に少し高めの位置にコンセントを設置しておくと、いちいちコンセントを差し込む際にしゃがむ必要がなくなり、思い立ったときにすぐ掃除ができます。

汚れにくい「素材」とは

掃除のしやすい家にするには、設計に加え、汚れにくく、落としやすい素材を選択することも重要です。特に常に掃除をしないとすぐに汚れてしまう水回りは注意が必要です。水はけはよいが油汚れがつきやすいプラスチック、油には強いが水垢はつきやすい金属や陶器などそれぞれの素材によって、性質が変わるため、適材適所で素材を選択するようにします。

また掃除のしやすさの中でもご紹介したように、壁や床、そしてキッチンの蛇口、シンクなどできるだけ凹凸のない、表面が滑らかなものを選ぶようにすると、より汚れはつきにくくなり、掃除もしやすくなります。

お手入れ・掃除をする視点で考えることも大切

家具選びは家を建てた後でもできますが、壁の材質やコンセントの位置、部屋の形は家を建てた後に変更するのは大変です。家づくりの際は、素敵なデザインや便利な設備に目がいきがちですが、最近は、シンクや浴槽、トイレなども掃除のしやすさをメリットとした製品も多く出ています。可能であればショールームなどでしっかりと確認してください。

また採光のための高窓や玄関の吹き抜けなどもマイホームを建てる際に多くのかたが憧れますが、これらは高さ的にどうしても掃除はしづらくなります。憧れを実現することはもちろん悪いことではありませんが、見た目だけではなく、住んでからずっと行っていくお手入れ・掃除をする視点で考えることも大切です。