コラム「快適住宅のすゝめ」

注文住宅と建売住宅のいいとこ取りをした「規格住宅」


この記事は3分で読めます。

注文住宅と建売住宅のいいとこ取りをした「規格住宅」

すべてをオーダーメイドでつくれる注文住宅は、依頼主の方の理想をもっとも叶えられる住宅だと言えます。しかし、理想をすべて実現するためには相応の費用がかかるものであり、注文住宅は建売住宅に比べてコストが割高になる傾向にあります。「費用を抑えつつも妥協はしたくない」と品質とコストを天秤にかけているのであれば、注文住宅と建売住宅のいいとこ取りをした「規格住宅」を検討されることをおすすめします。

仕様がパッケージ化された規格住宅

多くの方がすべてをオーダーメイドで作れる注文住宅やすでに完成した家として販売される建売住宅などの住宅用語は知っているかと思いますが、規格住宅という言葉を耳にしたことがない方もいるでしょう。規格住宅とは注文住宅が間取りや工法、材質などすべてを自分の理想に合わせて選択できるのに対し、間取りや外観などの仕様が決められている部分以外をオーダーできる、つまり“パッケージ化された住宅”を指します。

上記の説明だけでは注文住宅との違いはわかっても、建売住宅との違いがわからないかもしれません。しかし、両者には明確な違いが存在します。たとえば建売住宅は仕様が完全に固定されていますが、規格住宅は用意された間取りや外観に合わせて自分好みの素材や塗料などを選択できます。規格住宅はすべてが完成された状態ではなく、住宅をカスタマイズできる点が特徴です。

そのため、自らの趣向を反映させられるという点については、注文住宅と建売住宅の中間に位置するのが規格住宅だと言えます。一からすべてを決めたいのでなく、ある程度決められた中から選びたいという方には最適な建築スタイルです。注文住宅までの自由度はないものの、建売住宅よりも自分たちが望む色を出せる――そんないいとこ取りの家であるとも表現できるでしょう。

規格住宅とその他の住宅との違いとは

規格住宅と注文住宅、建売住宅は、設計における自由度において明確な違いがありますが、それぞれの住宅にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。住宅別に比較してみましょう。

  メリット デメリット
注文住宅 一般的にほかの住宅に比べ自由度が高く、自分の理想をすべてかなえることも可能。素材・構造・間取りを予算に合わせて選択することができる。 理想が色々と多いと、すべて叶えるのにそれなりの予算がかかったり、工期が長期化したりすることがある。また、建築家の設計の質によって出来不出来が左右される。
建売住宅 仕様が決められていることで予算を抑えられ、短期間で作れることがメリット。すでに完成している状態なので入居もスムーズにできる。 自分の理想を叶えることは難しいこと、デザインはありきたりで個性を求める人にとっては面白みがないこと。
規格住宅 自由度において注文住宅と建売住宅の中間ということで、注文住宅ほど予算も工期もかけずに、建売住宅よりも選択肢が多いため、自分の理想に近いものが作れること。 間取りや外観が決まっていることで、三角地や傾斜地といった複雑な形の土地の場合、ベストな配置ができなくなる可能性があること。

上記のようにそれぞれに特徴があるため、自身の趣向に合わせて住宅の種類を選択すべきでしょう。

規格住宅には制限があるものの比較的選択の自由があることから、注文住宅まで希望しなくとも、自分なりのアレンジを家に反映したいという方が選ぶ傾向にあるようです。

建築家介入によって高まる規格住宅の価値

注文住宅と建売住宅のいいとこ取りの側面があるため、人気が高まっている規格住宅ですが、未だにパッケージ化された住宅であることに全幅の信頼を寄せられない方もいるようです。種類が決められた素材や塗料を使うことで「どうせ他の家と似たり寄ったりになる」「洗練されたデザインにはならない」といった懸念を拭えないのでしょう。

そのため、規格住宅を選択する際に重要になるのが、間取りや外観の仕様を決める“建築家の質”です。ハイスペックな建築家によってつくられた規格住宅は、注文住宅のような間取りや外観の自由度はないものの元々の意匠性が高く、わざわざカスタマイズしなくても満足度の高い家になることが期待されます。注文住宅と比較して低価格で、建売住宅と比べて高品質を実現できるお得な住宅となるのです。

パッケージ化されることによって既製品のイメージが強くなりますが、既製品そのものの品質が高ければ、多くのユーザーは満足するのではないでしょうか。家に対してこだわりを持ちたいけど、注文住宅ほど時間をとって考えることができない方は規格住宅を検討してみましょう。