コラム「快適住宅のすゝめ」

車好きであれば一度は憧れるガレージハウス


この記事は4分で読めます。

車好きであれば一度は憧れるガレージハウス

車好きの人であれば、誰しも一度は自慢の愛車を楽しめる素敵なガレージに憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか。近年では、家と車庫が一体化したビルトインガレージの家の人気が高まってきており、設計の際に建築家に車を入れる車庫をオーダーする人も少なくないようです。自宅にいながら、家族で楽しめる“わが家だけのモーターショー”を開催できるガレージハウスの魅力を紹介します。

ビルトインガレージで家と車庫が一体化

車好きの人にとって車は単なる移動するためだけの道具ではありません。生活の一部に常に車があり、暮らしにおいて車はなくてはならない存在と言っても過言ではないでしょう。そうした方々にとって建物の内部に駐車場を備えたデザインのビルトインガレージは、家の購入を検討するうえで誰もが憧れるところ。自慢の愛車を楽しむ趣味の空間が創出できることで、より家での生活が楽しくなるはずです。

ビルトインガレージと一口に言ってもオーナー様によってさまざまなタイプが考えられます。家族から離れ、一人でメンテナンスや車関連の本、雑誌を読み楽しむ派。ガレージの内側部分をアクリルや強化ガラスにし、家族や車好き同士が集まり車を見ながらパーティを楽しむ派など、愛車を堪能する方法は1つではありません。

楽しみ方は人それぞれだとしても、家と車庫の一体化がビルトインガレージの醍醐味です。家の敷地内に駐車スペースがあったとしても、それは単に車を保持するための土地に感じられることでしょう。しかし、車を愛する方々にとっては、同じ建物内で車と一緒に生活できるビルトインガレージは魅力以外の何ものでもないのです。

ガレージハウスのメリット・デメリット

車好きにとってはメリットしかないように思えるガレージハウスですが、良し悪しがあります。一番わかりやすいメリットとして挙げられるのが、雨の日であっても移動や荷物の出し入れが楽になる、思い立った時にすぐに車を出せるという点です。これは車好きの方だけでなく、家族全員にとっても非常にありがたいことでしょう。

また、盗難などのセキュリティ面でのリスクや、雨風やほこりによって車が傷ついたり汚れたりすることが少ないことも長所であり、駐車場代のランニングコストがかからないこともガレージハウスの利点です。さらにビルトインガレージの占める面積が延べ床面積の5分の1未満であれば、床面積へ加えられることがない(容積率の緩和措置)ため、固定資産税が安くなるといったメリットもあります。

一方、デメリットとしてはガレージの部分は柱が入らないため、通常の工法では耐震性が低いことが挙げられます。また、建物の中でエンジンをかけることになるため、換気対策や騒音対策をしっかりとしなければ、家族から苦情が出るかもしれません。さらに車の出し入れの際に建物にぶつけてしまえば、車だけではなく、建物の修繕費用もかかります。また、自宅前に歩道がある場合は歩道の切り下げ工事が必要になるため、自治体などへの申請が必要です。事前の確認は怠らないようにしましょう。

車好きが自宅で堪能できるモーターショー

ガレージハウスは家と車庫が一体化した合理的な住宅です。しかし、趣味が行き過ぎて自己満足なつくりになるとさまざまな不都合が生じることが考えられます。家族の理解を得ること、震災対応をすることなど、騒音、換気対策を行うこと、耐震構造の設計にすることなどは必須条件です。

ガレージハウスはさまざまな条件を満たしてこそ住まう人にとって最適なつくりとなるだけに、設計時には建築家との綿密な計画が必要になります。単に家を建てるだけでなく、車庫としての機能性も確保しなければならないため、当然ながら設計の難易度は格段に上がります。そのため、自身の理想を体現してくれる建築家を探すことからまずは始めることが大切です。

自宅で愛車のモーターショーを堪能できる意匠性と機能性の高さが魅力的な自慢の家にするためにも、決して妥協しないようにしましょう。まずは信頼の置ける建築家に、自慢の愛車との夢の生活について語ることからガレージハウスづくりを始めてみてはいかがでしょうか。