スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2018/04/10

贈与を頭金に。住宅ローンの総返済額を下げる方法

Pocket

マイホームは、多くの人にとっておそらく一生で一番高額な買い物。数千万円の買い物ですから、ほとんどの人は住宅ローンを利用します。この住宅ローンを組む際に、頭金の額が大きければ大きいほど総返済額が減らせるということは、すでにほとんどの方がご存じだと思います。

 

 

では、その頭金、皆さんどのように準備しているのでしょうか。

もちろん自分たちで貯蓄して用意する人が最も多いのですが、購入時に十分な預貯金がない場合、両親や祖父母から資金援助として贈与を受け頭金に充てているケースも少なくありません。

実際、5組に1組が両親や祖父母からの贈与を利用しているというデータがあります(平成27年度・一般社団法人不動産流通経営協会調べ)。

 

贈与」を頭金に充填すると、次のようなメリットがあります。

平成27年より相続税の非課税枠が縮小され、今までは相続税がかからなかった人たちが相続税を支払わなければならない、というケースが増えています。しかし、戸建て住宅を購入する際に【生前贈与】という形で贈与を受けると、700万円(認定長期優良住宅の場合は1,200万円)までは住宅取得等資金の贈与税の非課税という特例(平成29年10月現在)を受けることができるので、贈与税が科されることはありません。

 

だたし、メリットばかりではありません。次回は生前贈与の注意点についてお話します。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る