スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2018/04/12

贈与を頭金に。住宅ローンの総返済額を下げる方法②

Pocket

前回、戸建て住宅購入の際に両親から「生前贈与」を受けると、700万円(認定長期優良住宅は1,200万円)まで贈与税がかからない特例が受けられる、というお話をしました。

こういったメリットもあって両親や祖父母からの贈与を頭金として利用する人は多いのですが、注意しなければいけない点もあります。

ひとつは、住宅取得等資金の贈与税の非課税額。当然、非課税額を超えてしまった場合は贈与税がかかります。

 

 

もうひとつは「申告」の時期です。贈与を受けた年の翌年の2月1日~3月15日の間に申告をしなければ、この特例は受けられなくなってしまいます。

 

さらに、この特例を利用すると将来両親や祖父母が亡くなった際に小規模宅地等の評価減が使えなくなり、相続税が高くなるというリスクもあります。

 

 

住宅ローンの総返済額が大幅に減額できて、そのうえ贈与税もかからないとなれば、贈与はとても大きな助けになりますよね。でも、贈与を受ける場合には贈与税だけでなく後々の相続税についても事前にしっかり調べて、「得することばかりではない」ということを頭に入れておく必要があります。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る