スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2018/05/31

高性能がもたらした、メカメカしさからの解放 ~熊本市東区新南部 S様邸②

Pocket

引き続き、中庭のある平屋・S様邸をご紹介します。


S様邸のお引渡しが完了したのは3月7日、まだ暖房が必要な時期でした。それから3ヵ月足らずで実証されたことがあります。それは、賃貸の一戸建てに住んでいるときより光熱費がはるかに安くなった、ということ。電気代とガス代合わせると、なんと賃貸暮らしの頃の3分の1にまでコストダウン
ただし、この省エネ力を発揮させるには、高性能住宅に合った“住み方”が求められる、とS様は言います。
「前は隙間だらけの古い家に住んでいたものですから、家族全員、エアコンを点けると条件反射的に部屋のドアを閉める習性が残っていて(笑)。外出するときもつい部屋のドアを閉めてしまうんです。最近やっと開け放っておくことに慣れてきました」。
家全体の気温を一定に保ってくれるのが高気密高断熱の家。エアコン1台で冬は家じゅうほんのり温かく、夏は涼しく快適です。外出時は《仕切り》のない状態にしておく方が効果的なのです。

この高性能住宅の快適性を、S様は「メカメカしいものから解放された」という独特の言葉で表現します。
たとえば、人が居る場所をピンポイントで検知して送風する高機能なエアコン。そんなハイテクな冷暖房器具はロジックの家には無用です。また、賃貸の頃はバルコニーが無かったから、外干しできないときは乾燥機が必須でした。でも、この家は湿気がこもらないから部屋干しでも十分洗濯物が乾きます。乾燥機も除湿器も必要ありません。

無駄なものを一切排した、外観・内装のシンプルな美しさと、憧れの中庭が中心にある喜び、そしてメカメカしいモノに頼らない自然体の暮らし。居心地が良すぎて出不精に拍車がかかりそう、とS様は嬉しそうに話してくれました。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る