スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2018/06/14

梅雨のジメジメ対策、万全ですか? 「家」のと住人健康を守る24時間換気システム

Pocket

梅雨の季節の到来です。熊本は盆地なので、夏の暑さと湿度の高さは、かなりハイレベル!過剰な湿気は、住宅にも悪影響を及ぼします。それは、表面に見えるカビだけでなく、構造部分を腐敗させてしまう「内部結露」です。

 

対策は、とにかく湿った空気を構造部分を含む建物全体に停滞させないこと。空気を循環させることです。そのために“24時間換気”が必要なのです。

でも、雨が降っていて外の湿度が80%以上にもなると…換気のために外気を取り入れると湿度まで取り込んでしまうことになるのでは?と思う人も多いでしょう。
たとえ外が土砂降りで不快指数MAXでも、空気を入れ替えるほうが『建物の健康』のためには良い!というのは明白ですが、確かに24時間換気システムでは“除湿”までは行えません。

 

ここでエアコンの「除湿」機能を使う、という手がありますが、実は「除湿」は「冷房」よりも電気代がかかるということが判っています。エアコンを「除湿」でフル回転させておくのは、経済的にはおすすめできません。
こういうときは、エアコンを「送風」設定にしたり扇風機を使って、部屋の空気を対流させます。湿った空気は下のほうに滞っているので、それを拡散させるだけでも不快感は和らぎます。

 

ロジックがつくる家は、24時間換気システムはもちろん、給気と排気、つまり「風の通り道」を確保した設計で窓を配置。床・壁には調湿効果のある自然素材を使い、梅雨の時期のジメジメ感を極力感じない造りです。
ぜひお近くのショールーム、モデルハウスで、心地いい空気を体感してみてください。

 

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る