スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2018/07/10

自然と共存するパッシブデザインの家とは〈Vol.1〉

Pocket

パッシブデザインという言葉をご存知でしょうか。パッシブとはアクティブの反対語で、受動的、受け身といった意味を持つ言葉です。
住宅においては、エアコンやガスヒーターなどを使って積極的に温度調整することがアクティブ。これに対してパッシブは、風や太陽光といった自然エネルギーを効率的に活用して快適さを手に入れること。パッシブデザインを取り入れると、非常にエコで快適な住空間をつくることができます。

自然のエネルギーを住宅に活かすという考え方は、実は日本でも古くから取り入れられてきました。長い軒下、障子やすだれ、縁側などは、どれも風や太陽の光との上手な付き合い方の表れです。
・ 風通しを良くする
・ 日差しを遮る工夫をする
これだけでも夏の暑さ対策には有効です。既に取り入れられている方も多いでしょう。

とはいえ、日本の気候も昔とは大きく変化しました。近ごろの熊本は、7月上旬から9月半ば頃まで、連日30℃を超える酷暑が続きます。外気温がこれだけ高いのですから、健康に暮らすためにもやはりエアコンは必要になります。けれど、例えば6帖用のエアコンで、家中が涼しく快適になるような、今よりも圧倒的に省エネで、快適な暮らしを実現することができるのが、パッシブデザインの家なのです。

次回は、西日についてお話します。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る