スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2018/07/12

自然と共存するパッシブデザインの家とは〈Vol.2〉 西日について

Pocket

「西日が暑い」
この時期よく耳にしますよね。実際、熊本の夏はすごく暑いですし、西日の威力も相当のもの。
ですが、実は西日自体はさほど熱を持っていません。日光が当たらない北側を除く東・西・南に面したそれぞれの壁の受熱量を計測すると、西側の壁が一番暑くない、という結果が出ています。

では、なぜ西日は暑いと感じるのでしょう。
1つは、日照による気温上昇。朝日が昇り、日照によって気温は上昇します。ピークを迎えるのは午後2時前後。つまり、太陽が西に傾いた頃、気温や地表のいろんな物が最大の熱量を持ち、「暑い」状態ができています。そこに西日が登場するので、西日を暑く感じるのです。

2つ目は、時間帯。酷暑のなか一日過ごし、体力を消耗した後に照らしてくる西日は、体感効果が高いのです。傾きから「直接日光が目に入る」というのも要因でしょう。

3つ目は、色。赤い色は暖かさを感じさせます。ただでさえ気温が高い夏は、より暑苦しく感じてしまうのですね。
同じく朝日も赤い色ですが、朝は地表がまだ暑くなっていないので、暑苦しさを感じないのです。

ロジックがつくる家は、高気密高断熱に加え、窓の配置や採光、デザインに工夫を凝らし、通気もしっかり確保するため、一番暑い時の外気の影響を受けにくくしています。
西日の心配も、もう大丈夫。
ぜひ一度、お近くのショールーム、モデルハウスで快適さを体験してみてください。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る