スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2018/09/04

窓の配置と月夜

Pocket

突然ですが、2018年の中秋の名月は9月 24日だそうです
まだまだ日中は暑い日が続きますが、ほんの少しずつ日が落ちるのも早くなり、秋の気配も感じられる季節になりました。
夜空を見上げたくなるこの時期、みなさんの家の窓から満月や星は見えますか?

家を考える上で「窓」の役割とはなんでしょうか。
・ 太陽の光を取り入れて家を明るくする
・ 太陽の熱を取り入れて家を暖かくする
・ 開放感を得る
大きくはこんな役割です。

何か足りない?そうですね。
日本の場合、気候上「風を通して熱気や湿気を抜く」というのも大きな役割です。また、古くから「四季折々の美しい風景を家の中に採り込む」という目的もありました。

ですが現代の住宅環境では、採り込みたくない景色の方が多い場合もあるかもしれません。あるいは、陽が当たらない箇所や風が抜けない部分もあると思います。

窓1つに、太陽光や風通し、開放感、借景などすべての要素を求め、それらを各所に配置することは、非合理的。通風や採光に特化させる窓の配置を考えたり、景色を楽しむ役割に特化した窓(FIX窓など開閉しないもの)を用いるなどその場所に合った窓を配置することが、現代には合っていると考えます

採光や換気、プライバシー、開放感、断熱性、気密性、デザインや遊び心など、窓1つをとっても、様々な角度から考えて建築家は家をつくります。仕上がる住まいは、ひとえにプロの経験と技と追求心の為せるもの。

共働きのライフスタイルがほとんどとなった昨今、日中はほとんど家にいないため、「月や夜空がきれいに見える窓が欲しい」といったご要望も伺います。

快適さと遊び心のある家づくりを、ロジックと一緒に考えませんか?

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る