スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Column

コラム

■2018/04/04

高層化の流れに逆行して人気が高まる平屋のマイホーム

この記事は3分で読めます。

Pocket

若い世代にも広がりつつある平屋

高層化の流れに逆行して人気が高まる平屋のマイホーム

日本はアメリカやオーストラリアなどの国に比べ、国土が狭いということもあり、居住空間の確保のために住宅は高層化の一途をたどってきました。しかし、世界に類を見ないスピードで少子高齢化が進む日本において、実は平屋の需要が高まりつつあるのです。以前は体が不自由な高齢者のための段差がない住宅といったイメージがあった平屋ですが、最近では若い世代にも平屋人気が浸透しつつあります。平屋は地震や台風などの災害にも強いだけに、今後も人気は高まり続けるのでしょうか。

災害に強く修繕がしやすい点がメリット

日本家屋においては当たり前だった平屋。しかし、近年の高層化の波は激しく、多くの戸建て住宅は複数階のつくりに変貌を飛べました。しかし、原点回帰ではありませんが、近年にわかに“平屋ブーム”が再燃しつつあります。2階建て、あるいは3階建てに住んでいる方にとって平屋は、階段の上り下りがなく移動は楽なものの、狭くて家族では暮らしづらいと思うかもしれません。しかし、平屋には2階建て、3階建ての住宅にはないメリットもあるのです。

平屋のメリット-1-災害に強い
いつどこで大地震が発生してもおかしくない地震大国日本において、災害に強いということは非常に大きなメリットです。通常、地震の揺れは高層になればなるほど大きくなります。また台風や強風、嵐なども高層階のほうが影響を受けやすく、安定感において平屋は災害に強い住宅と言えます。

平屋のメリット-2-修繕がしやすい
平屋は2階建て、3階建て住宅に比べ、修繕がしやすいのもメリットの1つです。特に雨漏りがあった場合でも、2階、3階部分がないため非常に修繕工事がしやすくなります。また外壁塗装のコストも少なくて済むため、将来的なメンテナンスコストを抑えることも可能です。

平屋には他にも、生活動線、家事動線が短くて済むことから、家事時間が短縮できる。段差の少ないバリアフリー住宅をつくりやすいなど多くのメリットがあります。

なぜ若い世代で平屋人気が高まっているのか

アニメの「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」など、平屋は昭和のレトロなイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、そうした昭和時代を知らない若い世代の間でも平屋人気が高まっています。それはなぜなのでしょう?その理由は大きく分けて2つあります。

若い世代で平屋が人気の理由-1-設計の自由度が高い
上述したように平屋というと和室中心の古いイメージが強いかもしれませんが、最近では2階がない分、柱や梁をむき出しにした吹き抜けのような高い天井にしたり、大きな窓を取り付けたりといった自由度の高い設計も可能です。

若い世代で平屋が人気の理由-2-家族とのコミュニケーションが取りやすい
平屋は階段の上り下りでケガをするといった心配もなく、常にそばで過ごすことができます。特に小さいお子さんがいる若いご夫婦にとって、安心して子育てができることも、平屋が若い世代に人気となっている理由の1つです。

高層化が進む現代だからこその原点回帰

平屋はワンフロアで自宅のすべてが完結するという家族同士の分け隔てがない空間であることはもちろんですが、事故や災害による被害が少ないことも期待できます。住居用の土地が少なく、何かと建物の高層化が進む日本ですが、階段がない分、そこを有効活用するなど工夫次第で平屋でも快適に過ごすことは十分に可能なのです。

よその家庭とは違う個性あふれる家を建てたいという方はもちろん、核家族化が進み、家族といえどコミュニケーションの希薄化が心配という方も、平屋という風情ある住まいの原点に立ち帰ってみるのもいいかもしれません。一昔前のような食卓を囲む一家団欒の家庭を実現しやすくなるかもしれません。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る