スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Column

コラム

■2018/11/17

部屋の広さを変えたいときに!可動式の壁が便利

この記事は2分で読めます。

Pocket

家を建てたあとでも自由自在に部屋の数を増やす方法とは?

部屋の広さを変えたいときに!可動式の壁が便利

用途や使い勝手を考えながら家を建てたとしても、暮らしていくうちに部屋の用途が変わることは十分にありえます。また、お子さんが生まれ、成長することで、「子ども部屋を広くしたい」「部屋数を増やしたい」と思うこともあるでしょう。しかし部屋数や部屋の広さを変えるとなると、多額のリフォーム費用が発生します。そこで今回は、家を建てたあとでも自由に部屋の広さや数を変える方法を紹介します。

部屋の広さが自由自在!? 可動式壁の魅力

家を建てたあとでも簡単に部屋の広さ、数を変える方法。それは可動式壁を活用することです。可動式壁はリビングで大いに活用できます。たとえば家族だけで過ごす場合は、可動式壁を開けてリビングを広く使用。来客時にはキッチン部分に可動式壁を設置し、リビングだけの独立した空間にすることができます。またリビングの一角を和室にし、来客時はその部分に可動式壁をつけて来客用の寝室にするといったことも可能です。

ほかにも洋服やバッグが増えてクローゼットに入りきらなくなった際にクローゼットの前面に開閉可能な可動式壁を設置し、収納スペースを増やすことも可能。また、リビングの一角を仕切って仕事部屋や書斎にするといった使い方もできます。

いろいろあります! 可動式壁の種類

一口に可動式壁と言ってもその種類はさまざまです。ここではそのなかから代表的なものをいくつかご紹介します。

・パネルドア
パネルドアは、パネル状の板を何枚も重ねた、取っ手などがついたドアのことです。可動式壁としての使い勝手が良く、もっともポピュラーなタイプです。外からの光を存分に取り入れることのできる窓つきタイプや、しっかりと目隠しができるすりガラスタイプなど多様なデザインが揃っています。また開閉方法も折戸や引戸など設置する場所や用途に応じた選択が可能です。

・パーテーション
会社や店舗などでも利用されるパーテーションタイプの可動式壁です。ただし一般的な住宅でのパーテーションは、格子柄、障子、アジアン風などデザイン性の高いものが多く、部屋のテイストによって選択が可能。パネルドアのようにひとつの部屋を完全に分断するといったものではなく、ちょっとした来客時に使うことができます。また、コストもパネルドアに比べ割安です。

アコーディオンカーテンなら低予算で部屋をセパレート

部屋の壁を可動式にすれば、「リビングの壁を移動してパーティー会場のようにする」「子ども部屋を分ける」 ことなどが可能です。逆に、普段リビングとしている場所を可動式壁で分断すれば、乱雑な部分を来客から隠すといった使い方も。

可動式壁にはパネルドアが便利です。ただしパネルドアは種類によって40~50万円ぐらいの予算がかかります。そこでコストを抑えるのであればパーテーションがおすすめですが、コストを抑えつつもしっかりと分断したいといった場合は、アコーディオンカーテンを設置することも選択肢のひとつです。アコーディオンカーテンなら、5~6万円程度の予算で設置することが可能。設置時、天井に空間ができるタイプなら、光をさえぎる心配がなく、圧迫感が少ないのも魅力のひとつです。

このように用途、予算に応じてさまざまな方法がありますので、詳しくは専門家に相談することをおすすめします。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る