スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Column

コラム

■2018/11/18

防災・防音・遮熱効果も!意外と知らない雨戸の魅力

この記事は3分で読めます。

Pocket

雨から家を守るだけではない雨戸のメリットとは?

防災・防音・遮熱効果も!意外と知らない雨戸の魅力

最近、戸建て住宅やマンションはもとより、注文住宅でも雨戸をつけない家が増えています。その理由としては、「開閉が面倒」「雨戸を閉めたあとの家の中が暗くなる」「これまでも雨戸があったが使ったことがない」「コストがかかる」などさまざまです。

しかし、雨戸をつけるメリットは少なくないことをご存知でしょうか。そこで今回は雨を防げるだけではない、雨戸の持つさまざまなメリットや、最新の雨戸スタイルについてご紹介します。

防災だけじゃない 雨戸のメリット

最近はアルミサッシの性能が向上したことで、雨戸がなくても家の中に雨が吹き込んでくるといったことはほとんどありません。そうしたことも家に雨戸が減っている理由のひとつといえます。しかし雨戸のメリットは雨が家の中に入ってくることを防ぐだけではありません。具体的には次のようなメリットがあります。

・夏場の遮熱効果
ここ数年、夏になると35度を超える真夏日が何日も続くことが珍しくなくなっています。そうした際、雨戸はカーテンに比べ、遮熱効果が高く冷房効率も上がるため省エネ効果があります。最近では風だけを家の中に取り込みつつも、直射日光は遮ることができるルーバータイプの雨戸も増えています。こうしたタイプの雨戸を使うことで、夜でも安心して窓を開けておくことができます。

・防音・騒音対策
住宅密集地や幹線道路から近い場所に家がある場合、どうしても避けて通れないのが騒音問題です。こうした場合でも雨戸は大きな効果を発揮します。とくに深夜の騒音に悩んでいる場合は、雨戸を閉めることで騒音を軽減し、落ち着いて眠ることができます。

ほかにも金属性のシャッター式雨戸であれば、防火対策としても有効で、近隣で火災があった際に窓ガラスが熱で割れ、家の中に火が侵入するリスクを軽減できます。

電動防災式雨戸やデザイン性の高い雨戸など最新雨戸事情

雨戸といえば木製で重いものといったイメージをお持ちではないでしょうか。そのため開閉が面倒なうえ、古い日本家屋であればまだしも、最近の洋風建築ではデザイン性も悪いということで、設置を見送っているといった方は多いと思います。しかし最近の雨戸は古い雨戸のイメージとは大きく異なったものが増えています。

まずデザインですが、外壁の色や外観デザインに合わせて選べるほどバリエーションが増えています。そのため洋風建築には雨戸は合わないといったこともありません。また素材も重い木製ではなく、軽量な金属、アルミのものが多く、女性やお子さんでも簡単に開閉が可能です。さらに電動で開閉ができるタイプもあり、開閉に苦労することはなくなっています。ほかにも前項で触れた閉めた状態でも外の風や光を取り込めるルーバータイプなど、雨戸は大きく進化を遂げています。

万が一のリスクに備えて雨戸の設置をおすすめします

雨戸のメリットは、台風や大雨などの災害発生時に窓ガラスを守ってくれる点が有名です。とくにここ数年はかなり大型の台風が日本に上陸し、剥がれた壁や屋根、看板が窓ガラスに直撃するといったことも珍しくなくなっています。防犯対策の意味もあって1階には雨戸がついているが2階から上にはつけないといった家が増えていますが、むしろ台風の被害から自宅を守るには、2階以上に雨戸をつけることが必須です。

ほかにも「夏場の遮熱効果」「防音・騒音対策」など数多くのメリットがあります。そして今回ご紹介したように開閉が面倒という場合は、開閉が楽なシャッター式雨戸や電動式のものも出てきていますので、まずは工務店に相談してみましょう。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る