スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Column

コラム

■2018/11/19

リビングが広くなったみたい!ウッドデッキの魅力教えます

この記事は2分で読めます。

Pocket

狭いリビングでも広く見せることを可能にするウッドデッキ

リビングが広くなったみたい!ウッドデッキの魅力教えます

これから家を建てる予定のある方の中には、「せっかくなのでガーデニングができる庭が欲しい」「大きなリビングで家族団らんも楽しみたい」といった夢を持っている方も多いのでは? しかしその2つの夢を叶えようと思ったら、それなりに広い土地が必要になるため、なかなか簡単にはいかないでしょう。そこでおすすめしたいのが、リビングに隣接したウッドデッキをつくる方法です。この方法であれば、それほど広い土地でなくても2つの夢を同時に叶えることも不可能ではありません。

そこで今回はウッドデッキを導入することのメリットや、リビングを広く見せるだけではないウッドデッキの意外な活用方法、メンテナンス方法などをご紹介します。

ウッドデッキがリビング横にあるとできること

リビングにウッドデッキを隣接させることでリビングが広く感じられる一番の理由は、リビングとウッドデッキが同じ高さに設置されることです。そのためリビングにいるのと同じ感覚で外に出ていくことができ、リビングを拡張したような感覚になります。

ウッドデッキを「拡張されたリビング」として活用できれば、子どもをウッドデッキで遊ばせながら、その様子をリビングで見守るといったことが可能。夜は星を見ながら夫婦でお酒を飲むといったことも日常的に楽しめます。

また室内のリビングでは行うのが難しいことも、ウッドデッキであれば可能です。たとえば家のリビングでは煙や匂いが気になってできないバーベキューを、友達や家族と楽しむことができます。ペットを太陽の下で思いっきり遊ばせることも気兼ねなくできるようになるなど、リビングの拡張でありつつ、リビングでは難しいこともできてしまうのが、ウッドデッキの大きな魅力と言えるでしょう。

ウッドデッキの意外な使い方・効果

ウッドデッキは映画やドラマに出てくるような「おしゃれなもの」といったイメージをお持ちではないでしょうか。確かにウッドデッキを設置することで家全体の外観にアクセントができ、見た目がよくなるという視覚的効果があります。しかし実はウッドデッキはそうした見た目の良さと同時に、日常の生活を楽にする実用的な側面も持っています。

たとえばウッドデッキに手すりをつければ、そこで布団を干すことも可能です。庭があれば庭に干すことも可能ですが、その場合、毎回、家から庭へ一段上り下りが必要になるうえ、靴やサンダルの脱ぎ履きもしなければなりません。しかしウッドデッキであれば、リビングと同じ高さに設置され、裸足のままでも問題ありませんので、日常的に行う布団干しがとても楽になります。

これだけは知っておきたい、ウッドデッキのメンテナンス

最後にウッドデッキを設置するのであれば知っておきたい、メンテナンス方法についてご説明します。ウッドデッキのメンテナンスは、どの素材を使っているかで異なります。

たとえばハードウッド系の木材であれば、虫や雨水に強く耐久性が高いため、デッキブラシや高圧洗浄機で汚れを落とす程度で基本的には問題ありません。しかしソフトウッド系の木材は、年に1回は防虫・防腐剤塗装をするなどしっかりとメンテナンスを行う必要があります。

また、はじめてウッドデッキを設置する場合、「どのくらい庭のスペースが必要か」「屋根をつけるべきか」など悩むポイントも多いものです。事前に工務店に相談しておくと安心でしょう。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る