スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Performance

頼もしい住宅性能

Logic's Housing Performance Logic's Housing Performance

熊本で注文住宅をつくる「ロジックアーキテクチャ」では高い耐震性能、高気密・高断熱の家づくりを基本にしています。
家族を長く安全に守りながら、暑い夏、寒い冬でも少ないエネルギーで快適に過ごすことができ、先々の光熱費の節約でランニングコストが抑えられる家づくりです。

そんな、私たちのつくる家の性能を、ご紹介します。

  1. Peformance.01 高耐震を叶える秘密

    長期優良住宅で求められる耐震等級2以上の耐震性を確保しています イメージ画像
    いつ起こるか分からない地震から、家族を守る

    私たちは在来木造軸組工法に加えて、耐力面材「R+houseパネル」を使用しています。さらに建物にかかる力を、軸と面から支える木造モノコック構造を採用。高い耐震性を低価格で実現しました。
    通常3階建て以上の建物でしか義務づけられていない「構造計算」(=安全性の数値化)を全棟で実施し、耐震等級3相当の耐震性を確保しています。

    耐震について 説明図 耐震について 説明図

  2. Peformance.02 高気密・高断熱を叶える秘密

    長期優良住宅で求められる耐震等級2以上の耐震性を確保しています イメージ画像
    高断熱は生命を守るため

    かつて日本の家づくりでは、各部屋を個別に空調する考えが主流でした。しかしこの考え方による家づくりでは、部屋から部屋に移動する際に、急激な温度変化によって心肺停止などが引き起こされる「ヒートショック」が起きる恐れがあります。

    しっかりとした気密化を行い、任意の空気の出入口を定めることで、全室、そして基礎の内部まで適温を保つことができます。そして正しく気密された家は壁体内結露を防ぎ、躯体を湿気や白アリから守り、住宅の寿命を延ばすことができます。

    気密化について 説明図 気密化について 説明図

    全棟気密測定実施

    全棟気密測定実施 イメージ画像
    2020年以降の基準を満たさない住宅を、いま建てますか?
    省エネ住宅のロードマップ
    低炭素住宅認定
    2012年12月4日にCO2排出抑制を目的に実施。
    改正省エネ基準より10%省エネの誘導水準レベルで認定。

    省エネ基準の改正
    2013年10月1日から施工。従来は外皮性能のみの評価だったが、
    一次エネルギー消費量を指標として評価するように改定。

    省エネ義務化
    2020年全ての新築住宅で省エネ化が義務化に。
    2020年までは基準を満たした場合税制優遇などを行う。

    ゼロエネルギー住宅
    一次エネルギー消費量が正味ゼロ、おおむねゼロとなる住宅。
    2030年の標準にしていくことが国の目標。

    ライフサイクルカーボンマイナス住宅
    住宅建設時のCO2排出量も含め生涯での
    CS2収支をマイナスにする住宅。

    断熱は後からやり直しが困難なものです。これから数十年快適に暮らすには、国交省の2020年断熱義務化以降でも通用するレベルの断熱性能は必須です。また、初期性能のみ良い数値を出すことは簡単ですが、断熱材は結露などにより経年劣化しやすいものです。
    そこで私たちは結露に強い対抗力を持つ工場発泡断熱パネルを採用。より安心してお住まい頂けるようになりました。

    • 屋根:現場発泡ウレタン イメージ画像 屋根:現場発泡ウレタン イメージ画像

      屋根:現場発泡ウレタン(160mm)
      壁:A種硬質ウレタン保温板2種3号(85mm)

    • 基礎断熱:現場発泡ウレタン(50mm) イメージ画像 基礎断熱:現場発泡ウレタン(50mm) イメージ画像

      基礎断熱:現場発泡ウレタン(50mm)

    • ダクト式第3換気システム イメージ画像 ダクト式第3換気システム イメージ画像

      全熱交換型第1種換気システム

  3. Peformance.03 長期優良住宅を超える、秘密

    長期優良住宅で求められる耐震等級2以上の耐震性を確保しています イメージ画像
    家族の健康・安全・安心、そして快適を叶えつづける。

    私たちは、認定ビルダーのみしか取扱いのできない特殊な耐力面材「R+houseパネル」と現場初泡ウレタンフォームの断熱材を使用し、長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現しています。
    また、1999年建設省によって定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する「長期優良住宅基準」を満たすだけでは快適な家とは呼べないと考え、快適な住宅、本物のエコ住宅を追求しています。

    長期優良住宅基準として設けられている「省エネルギー性」で定められる、Q値とμ値とUA値で長期優良住宅基準と私たちの家の数値を比較してみましょう。

    Q値とμ値とUA値で長期優良住宅基準と私たちの家の数値 図 Q値とμ値とUA値で長期優良住宅基準と私たちの家の数値 図

    【 Q値:熱損失係数 】

    建物からの熱の逃げやすさを表します。Q値(w/m2k)が小さいほど、熱が逃げにくく省エネ性能が高いと言えます。

    【 μ値:夏期日射取得係数 】

    夏期における日射の入りやすさを表します。μ値が小さいほど、日射が入りにくく冷房効率が高くなります。
    この他、私たちは各現場ごとに気密測定によりC値(隙間相当面積)を実測し、次世代省エネ基準の5.0cm2/m2を遥かに凌ぐ0.5cm2/m2以下の数値を達成します。

    夏期における日射の入りやすさを表します。μ値が小さいほど、日射が入りにくく冷房効率が高くなります。
    【 UA値【W/(㎡・K)】:外皮平均熱貫流率 】
    2013年10月1日より、平成25年省エネルギー基準という新しい省エネルギー基準が施行されました。これにより、住宅に求められる性能の評価・表現方法も改正されました。

    改正された点は、大きく次の三点です。

    1. 1.「地域区分の細分化」
    2.  
    3. 2.「熱性能基準がQ値からUA値になった」
    4.   
    5. 3.「一次エネルギー消費量基準が設けられた」
    イメージ画像 イメージ画像

    今まで住宅の断熱性能はQ値(熱損失係数)とμ値(夏季日射取得係数)にて評価されていましたが、改正後はUA値(外皮 平均熱貫流率)とηA値(冷房期の平均日射熱取得率、イータエー値)にて評価することになりました。大きな違いは、今までは熱移動の総量をQ値・μ値は床面積で割っていたのに対し、改正後はUA値・ηA値は外皮面積で割っている点です。

    前者では同じ断熱性能の建物でも、床面積や間取りの違いでQ値の計算結果に変動が見られ、特に狭小住宅や平屋など床面積の狭い住宅では数値が大きくなってしまい、見かけの断熱性能が悪く表現されてしまうというデメリットがありました。UA値では外皮面積での評価となるので、純粋に熱移動がある部分での評価をする事ができ、計算結果の精度が上がる事になりました。

    熊本での家づくり

    ロジックのある熊本の地域区分は5~7地域(旧Ⅳ~Ⅴ地域)ですが、この地域で要求されるUA値は0.87(w/㎡・K)。私たちの家づくりはもちろんこの基準をクリアしており、もう一つランクが上の「認定低炭素住宅」への対応も可能です。是非スタッフまでお問い合わせください。

    参考資料:http://www.mlit.go.jp/common/000996591.pdf
    (国土交通省 省エネサポートセンター)

    長期優良住宅のメリット

    私たちの家は、長期優良住宅の認定基準を満たしているため、申請認定を受ければ金利の優遇や税制面のさまざまな優遇を受けることが可能です。詳しい情報は、スタッフまでお気軽にお尋ねください。

  4. Peformance.04 ゼロ・エネルギー化への取り組み

    ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

    ZEH(略してゼッチ)とは、「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のことです。

    ZEH 図

    経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現する」という政府目標の達成に向け、課題と対応策を整理した「ZEHロードマップ」を関係省庁等と共に策定(2015年12月)し、当該ロードマップに基づき普及に向けた取り組みを行っています。

    2020年度までのZEHの普及目標設定について

    「ロジックアーキテクチャ(株式会社ロジック)」は『平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業)』の交付要件である『ZEHビルダー』登録申請を行い、ZEHの普及に取り組んでまいります。

    2020年度までのZEHの普及目標と実績

    H28年度
    H29年度
    H30年度
    H31年度
    H32年度
    実績件数:0件
    実績件数:0件
    目標値:50.0%
    目標値:70.0%
    目標値:100.0%
    H28年度
    実績件数:0件
    H29年度
    実績件数:0件
    H30年度
    目標値:50.0%
    H31年度
    目標値:70.0%
    H32年度
    目標値:100.0%

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る