4

11月18日(土)・19日(日)完成見学会 参加者募集中★ ~つないで、つながる家~

熊本市南区白藤団地のすぐ近く。

外と内とのつながり、友人とのつながり、そして家族のつながり。そんな「つながり」を大切にしているご家族のイメージをカタチした家になりました。
お友達のご家族とウッドデッキでバーベキューを楽しむ休日。夜になると子供たちは2階へ上がり眠りにつき、大人たちはLDKでお酒の時間。
ほろ酔いで眠くなったパパたちは和室になだれ込み、川の字で眠りにつきます。あとは、片付けを終えたママたちの女子会タイム!話が尽きるまで、楽しい時間が続きます。

 

そんな暮らしの一場面が想像できるすてきなお家。

写真がご趣味の奥様が撮影した、大好きな家族の写真を飾るスペースにも注目してください。

 

駐車場、キッズルームも完備していますので、お子様連れの方もお気軽に!

4

■開催日/11月18日(土)・19日(日)
■時間/10:00~17:00
■場所/熊本市南区白藤(白藤団地そば)※詳しい場所はご予約の際にお伝えいたします。
■定員/限定15組(予約制)定員になり次第受付を終了させていただきます。お早めにご予約ください
予約/096-233-0649 お電話の際は「Facebookを見た」とお伝えください。
※しつこい売込みや訪問等は一切いたしません。

 

 

2017年11月16日 This entry was posted in 未分類.

ホノルルセンチュリーライド

みなさん、こんにちは!肌寒い気候になってきたので、今日はちょっとHOTな南国の話題を。

去る9月24日、ハワイはオアフ島の東部を巡るライドイベント「ホノルルセンチュリーライド」に参加してきました。そのときの様子を、写真とともに紹介します。

6−1

早朝のスタートに合わせて、夜明け前に集合、100マイル(160km)のロングライドを事故も故障もなく、アロハスピリットに則り無事完走。メンバー6人全員で一緒にゴールすることができて、素晴らしい達成感を味わうことができました。チームメンバーの皆様、ありがとうございました!

例によってイベント前日到着、翌日帰国の弾丸スケジュールのため、自転車をこぐこと以外に何もハワイらしいことはしていませんが…(笑)

6−2

ちなみに、ロジック社内にもサイクリングチームがあり、所属は5名。ツキイチで走っていますよ!ゆくゆくは「ロードバイクが趣味です」というオーナー様たちも募って定期的に走行会を開催したり、ホノルルセンチュリーライドのような国内外のいろいろなイベントに参加してみたい、と考えています。

6−3

2017年11月14日 This entry was posted in 未分類.
2−2

裸足で歩いてもヒヤッとしない!?空気を含んだ無垢の床

先日は壁についてロジックのこだわりを紹介しましたが、今回は床についてお話をします。

2−1

ロジックの標準仕様は無垢材のフローリングです。

無垢とは「混ざり気がない」という意味で、床材の場合は1本の木から削り出した単層の材木のこと。自然素材なので、全く同じ木目のものはないのです。

天然素材の無垢の床には、余分な湿度を吸収する調湿機能があるので、夏は裸足でもベタベタしません。そして、天然の木には気泡があるので、冬でもヒヤッとすることはないんですよ。

使用する木は、カバやナラなどの硬質な洋材が多いのですが、他にもさまざまなタイプの無垢材があります。

2−2
柔らかくて足に優しく、独特の節があるパインやスギ、

色味が濃くて水や腐食に強いチーク、

硬質だけれど弾力性のあるメープル…

 

一般的に柔らかい方が空気層が多いので、温かくて足に負担がかからないのですが傷がつきやすい、という側面もあります。

 

家づくりを検討されている方は、これからたくさんのモデルルームや完成見学会に足を運ばれることと思います。

その際、フローリングは無垢材か合板か?だけでなく、素材までしっかりチェックしてみてください。

 

 

2017年11月9日 This entry was posted in 未分類.
1−3

消臭・調湿する壁紙 ~エッグウォールのすすめ~

壁紙(ビニールクロス)にするか、塗り壁にするか。

1−1

これは、内装の詳細を決めていく段階で多くの施主様が悩まれる事のひとつです。

「質」で判断するならば、調湿効果があって見た目もいい塗り壁がおすすめです。ただ、その分コストが上乗せされるというデメリットもあります。

 

そこで、ロジックが積極的に採用しているのがエッグウォールという素材です。

その名のとおり卵の殻を原料とした壁紙で、最大の特徴は、生活臭などの臭いや余分な湿度を吸収してくれる『消臭・調湿』効果が、あること。

 

また、壁紙なのだけれど、見た目は珪藻土などの塗り壁とそっくりの落ち着いた質感です。

ビニールクロスよりも割高にはなりますが、それでも塗り壁に比べると費用はかなり抑えられます。

1−2

吸湿・消臭効果があって塗り壁のような上質感、なのにお値打ち!

メリットしかないように思えますね。でも、実はデメリットもあるのです。

それはお手入れの難しさです。

エッグウォールは表面が白くて、微細な粒々があるので汚れが付きやすく、いったん汚れると落ちにくいのです。そんな理由から、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、エッグウォールの採用を躊躇されるようです。

 

お子さんがいらっしゃる施主様へのご提案として、子ども部屋やリビングはビニールクロス、天井はエッグウォールと、壁紙を使い分ける方法もあります。ぜひ選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょう。

1−3

ロジックの光の森のモデルハウスでは、実際にエッグウォールの壁紙を採用しています。実物を見て、色、手触り、質感を確かめたいという方は、いつでも気軽にお越しください。

 

 

2017年11月7日 This entry was posted in 未分類.
8−1

苦労続きの創業当初を知る、縁の下の力持ち!~島田真由子~

本日の社員紹介は、2010年の創業当時にパートとして入社し、会社の成長とともに歩んできた総務部の島田真由子です。

8−1

Q. 入社のきっかけは?

当時子育て中だった私に知人が「新しくできる会社で、インテリア雑貨の販売と店番をしない?」と声をかけてくれて。

でも、入社してみるとインテリア雑貨はまだ扱われておらず、それどころか、社長の吉安が営業から現場監督まで一人でドタバタとこなしている状態でした。分業したくても人がおらず、指示を出す余裕もない様子だったから、私は「これをやりましょうか?」と社長に声をかけて、名簿のデータベースを作成したり、お客様に電話で見学会をご案内したり…自分で仕事を見つけていったんです。こうして、事務的な細かいことは任せてもらえるようになりました。

祖父が大工で父も工務に携わっていたから、小さい頃から建築業界を身近に感じてはいたのですが、自分が選んだ職業は保育士や接客業など建築とはまったく違うものでした。

だから、かなり勉強しましたよ。事務職とはいえ、ある程度の建築の知識は必要ですから。

そして入社半年後には経理も担当することになり、このときに正社員になったんです。

8−2

Q.  ロジックに入社して変わったことは?

役に立たない経験などない、と気づいたことでしょうか(笑)。社員として働くにあたって、子育てがネックになるかと思っていたのですが、むしろ役に立ったのです。

ロジックには、家族連れで来店するお客様が多いんです。小さなお子様がいると打ち合わせがスムーズに進まないこともあって。そんな時には私がお子様係になって、打ち合わせの間はお子様を膝にのせたり寝かしたりしながら仕事をしていました。自分自身子育て中で、保育士の経験もあるから、特別意識せずごく自然にやっていたんですね。

すると、お客様がとても喜んでくださって!引き渡しに立ち会って欲しいと言ってくださったり、手作りのペンダントをプレゼントしてくれたり。

直接家づくりに携われなくても、お客様の役に立てると自信がつきました。

島田真由子 その②へ続きます

2017年10月26日 This entry was posted in 未分類.
ロジック

10月28日(土)・29日(日)平屋の完成見学会 参加者募集中★ ~家族と空間を繋ぐ雲梯のある平屋~

ロジック

住宅が密集する地にありながら、家族のプライバシーをしっかり守ってくれる平屋が完成しました。庭で野球の素振りもできるし、お子様が車を気にせず走りまわれるスペースも完備。炊事、洗濯~物干しまでの家事導線が一直線になった、奥様に嬉しい家事ラク設計も見どころです。

 

玄関ホールからリビングに続く廊下を通るときに、目線を上に向けてみてください。なんとそこには、ご主人のご希望で取り付けられた雲梯が!

 

デザイン性の高さ、優れた性能はもちろん、暮らしやすさをベースに建築家がプラスする遊び心も魅力の平屋です。ぜひ、ご覧ください。

駐車場、キッズルームも完備していますので、お子様連れの方もお気軽に!

 

■開催日/10月28日(土)・29日(日)

■時間/10:00~17:00

■場所/北区清水新地(麻生田小学校そば) ※詳しい場所はご予約の際にお伝えいたします。

■定員/限定15組(予約制)定員になり次第受付を終了させていただきます。お早めにご予約ください。

予約/096-233-0649 お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください。

※しつこい売込みや訪問等は一切いたしません。

 

2017年10月24日 This entry was posted in 未分類.
6−1

大きな社長室より

皆さん、こんにちは!

今日は安政町にできたばかりの本社より、この場所ができたいきさつについてお話します。

 

5年前の創業当時、ロジックの従業員はほんの数名しかいなかったため、いつも近くにいてお互い顔を見ながら話をしていたものです。そして、年間100棟の住宅を供給する企業へと成長を遂げた今、県内外を飛び回る多忙な毎日の中で、ふと不安に思ったんです。

 

私と社員との間には、距離があるんじゃないか、って。

私の居場所が定まらないのでスタッフと繋がる場がない…。これは良くないな、と。

ココに行けば、社長に会える」という場所がそろそろ必要だったんですね。

 

最初はマンションの一室を借りて「小さな社長室」でもいいかなと思っていたのですが、

この古いビルを見つけてしまったもので…。だからコンセプトは大きな社長室(笑)!

 

地下は筋肉派のためのマルチスペース(ジム)

1階は誰もが集えるマルチスペース

2階は業務の場、という枠を外したロジック本社機能スペース

屋上はジャグジーを備えた娯楽スペース

6−2
6−1

業務の場に限定せず、社員専用に固執せず、来たい人が来ればいい、というざっくばらんなスタンスです。

朝は地下のジムで汗を流した後、ジャグジーで疲れをほぐしてひと仕事。そしてお昼は屋上でバーベキュー!そんな使い方もWelcomeです。

 

ジムやジャグジー風呂があるなんて言うと、オフィスとは思えない!と驚かれますが…

それが狙いです!

弊社は創業当時から、住まいづくりにおいてラグジュアリーを大衆化する企業でありたいと考えてきました。たとえばこの安政町本社のテラス、月々の住宅ローンに数千円プラスすればどなたでも設置できます。他にも、ガレージ、ホームシアター、ホームバーなど、現代の一般家庭ではありえないようなライフスタイルも、我々自身がライフスタイルを楽しみながら、伝えていくのが使命だと考えます。

 

 

2017年10月17日 This entry was posted in 未分類.
5−1

一般住宅に見えないデザイン性と住みやすさ。~合志市K様邸~

今日ご紹介するのは、合志市のK様邸です。

のどかな田園風景の中に現れる全長30メートルに及ぶ白い建物は、「美術館?それともカフェ?」と見まちがえられそうな個性的で上品な佇まいです。

5−1

 

一生住める家であること、子どもの成長から老後まで考えて、生涯使える間取りで、と建築家さんにお願いしました」とご主人。幸い、広い土地があったので老後を見据えて“バリアフリーの平屋”づくりが可能でした。

端から端まで30メートルに及ぶ空間の中には、ご夫婦の強い要望と建築家の提案から生まれた家づくりに懸ける“情熱”がいっぱいです。

5−2

 

家族どうしのコミュニケーションを大切にしたいから、夫婦の寝室も子供部屋も最小限の広さにして、リビングに皆が集まるように工夫しました。だから、K様邸のリビングはとても広々!ブラインドを開け放つと、リビングを囲むウッドデッキと、その向こうに田園風景のパノラマが広がります。子供たちがリビングでも勉強できるように、造り付けの机もオーダーしました。

5−3

 

その他、一般住宅に見えないような個性的な外観、家族とお客さん用の2つの玄関、洗濯と部屋干しが同時にできるドライルーム、雨でも濡れることなく家に入れる建物と一体になったガレージ…。その他、細かい事まで含めるとご主人が設計にあたって建築家に出した要望は数えきれないほどあるのだそう(笑)。

「これら一つひとつに、ロジックアーキテクチャのスタッフは真摯に取り組んでくれ、意味のある設計でクリアしてくれました」と当時を振り返るご主人。

「おかげで、友人がやってきてビックリするようなカッコイイ家ができて、私自身も喜んでいます」と奥様も笑顔で語ってくださいました。

2017年10月13日 This entry was posted in 未分類.
3−43jpg

2ケ月に1度の、オーナー様のためのDIY教室

みなさん、こんにちは!

今日はロジックの「アフターメンテナンス教室」についてお話します。

 

新築のお客様へのアフターメンテナンスは、ほとんどのハウスメーカーさんで行われていることですよね。ロジックでも、お引渡しの後3ヶ月目、1年目、5年目、9年6ヶ月目に担当者が伺い点検します。

この定期訪問に加えて、弊社では2ヶ月に1回、オーナー様限定で、「アフターメンテナンス教室」を開催しているのです。

決して「点検はするけれど補修はしませんから~」ということではありませんので、安心してください(笑!

床や壁紙の貼り替えのような大掛かりなメンテナンスはもちろん私たちプロに任せていただきます。

家を建てた後に皆さんが“困ること”のほとんどは、クロスが少し剥がれたり、床にキズが入ったり、子どもが壁紙に落書きをしてしまったり…。そんなちょっとしたことなのです。

人生で一番大きなローンを組んで買った大切な家は、いつもキレイにしておきたいものですよね。オーナー様ご自身ができることは、お伝えしておいたほうがいいのです。

教室は初級コースと中級コースがあり、10組様限定です。ミニチュアの建具を用意して、実際にオーナー様ご自身に修理していただきます(写真は、2月に開催したクロスと床のメンテの教室)。参加してくださったオーナー様からは、毎回「楽しかった!」という声をいただいています。

3−1

3−2

3−43jpg

欧米の戸建て住宅は、古いのに味があって個性的。その理由のひとつは、日本よりDIYの精神が深く根付いているからです。お父さんがなんでも自分で作り、なんでも自分でリフォームする、そんな家庭は少なくありません。そうやって自ら手をかけるからこそ、大切に使っていこう、という愛着が強くなるのです。

 

家族と一緒に《家が育っていく》、という意識。これも「居心地が良くて長持ちする家」であるために大切なこと。ロジックはそう考えます。

 

2017年10月10日 This entry was posted in 未分類.
2−3

快適に過ごせて災害にも強い! ~ココがすごいよ「R+パネル」~

高気密高断熱かつ高い耐震性能を備えた家づくりは、ロジックの基本テーマです。

今日は、その快適性と耐久性のカギとなる優れた建材、「R+パネル」についてご紹介します。

2−1

R+パネルとは、強度の高いOBS合板の間に厚さ85㎜の断熱材が挟まれた外壁材。この断熱材は硬質ウレタンフォームという素材で、一般的に使われるグラスウールの約2倍もの断熱性能を持っています。

グラスウールには隙間ができやすく、職人の施工方法によって断熱性能にバラつきがでるという決定的なデメリットがあります。その点、R+パネルなら誰が設置しても大丈夫!…というわけではありませんが(笑)、現場経験のある職人さんなら皆きちんと設置できるはずです。

さらに、ロジックでは全棟に気密測定を実施し、隙間がないかどうか徹底的にチェックします。そして補強が必要な場合は吹付断熱材も使います。結露による経年劣化を防ぐため、換気システムも万全です。だからロジックの家は、空気がキレイで室温は一年中快適

夏の暑い盛りに入居されたお客様が、こんなことを言われました。

真冬になるまで、エアコン使わなくて過ごせたんですよ

R+パネルの優れた点は断熱性能だけではありません。「面」全体で支えているので、力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。つまり、強風や地震の際の横揺れにも強い、ということ。

四季(気温差)があり、地震が多い日本には、最適な建材と言えるでしょう。

2−2

2−3

 

2017年10月5日 This entry was posted in 未分類.