4-1

教えて!ロジックアーキテクチャの標準仕様


4-1

「ロジックアーキテクチャさんの家の標準仕様は、どうなっていますか?」

これは初めて当社にお問い合わせいただくお客様から、よく寄せられる質問です。

ということで、今日は標準仕様についてお話しましょう。
ロジックアーキテクチャの家づくりは、高気密高断熱、高耐震、自然素材が基本。この3つを軸に、設備や素材を厳選しています。

●高気密高断熱
簡単に言うと、まほうびんのような家です。優れた断熱材を使うことで室内の気温を一定に保ち、隙間をなくすことで外気の侵入をブロック。冬温かく夏は涼しく過ごせます。

●高耐震
数百年に一度起こるといわれる、震度6~7の強い地震でも倒壊・崩壊しない、という建築基準法と同等の耐震等級が「等級1」です。「等級2」になると、等級1で想定される地震の1.25倍の震度に耐えられる、ということになります。
ロジックアーキテクチャの家はすべて、その「等級2」以上を確保しています。これは長期優良住宅の必須条件でもあります。今、日本列島において「そんな大きな地震は起こらない」と断言できる地域はありません。熊本に暮らす私たちはよく知っています。

●自然素材
フローリングには合板ではなく天然の無垢材を、壁紙には卵の力を使ったエッグウォールを。私たちは、なるべく化学物質を排除した自然素材にこだわります。自然素材は、体に優しいだけでなく湿度をコントロールするといった機能もあるので、一石二鳥です。

4-2

4-3

外壁、屋根、サッシ、床材、建具など、具体的にどんなものが使われるか知りたいという方は、こちらにまとめていますので、ご覧ください。
http://www.arc-logic.net/wp-content/themes/twentyfourteen/images/pdf/soubi.pdf

2017年7月13日 This entry was posted in 未分類.