6-2

お客様に提案していることをすべて、まずは自分が体験したかったんです


今回は、ひき続き究極シンプルな家を紹介します。
前回の記事はこちらをご参照ください。(http://www.arc-logic.net/staff/?p=5518

とことん住人に寄り添ってカスタマイズされてはいますが、実はこの究極シンプルな家
「R+house」という、完全注文住宅ではなくセミオーダー住宅に分類されるのです。
吉安いわく、「私どもが日頃お客様に提案していることを、具現化したかった」とのこと。

6-1
飽きのこないデザインは、見てすぐに判りますが、その性能の良さは住んでみて初めて実感できるもの。
奥様が、住んでみて一番良かったと思う点は、「冬は家全体が暖かく、夏は家全体が涼しいこと」なのだとか。光熱費が抑えられるから、人にはもちろん家計にもやさしいのです。
これだけの快適性を保てる理由は、断熱材の違いです。
R+houseには認定ビルダーだけが取り扱うことのできる、通常使われるウレタン断熱材の1.5倍の断熱性能を持つ『R+パネル』を使用しているからなのです。

6-2

冷暖房のランニングコストが抑えられるということは、長い目でみるととてもお得なことです。家のローンを払い終えても、そこに住む人の生活はずっと続いていくのですから。

車を買うときに燃費を気にしない人はいませんよね。マイホームは車よりもずっと高価な買い物。住宅の燃費もしっかり考えて選ぶべきです。

6-3
また、ロジックの建物は永続的に使用できる自然素材を標準装備しています。
床材もそのひとつ。1枚1枚木目が違うのがわかりますね。自然素材は、年月が経つにつれて独特の味わい・風格が出てきます。住人と一緒に家も育っていくんですね。

2017年8月22日 This entry was posted in 未分類.