8

ドン底からのリスタートで見つけた《嘘をつかなくていい》仕事 企画部部長:島田 学


こんにちは!今月から月1回、ロジックのスタッフを紹介していきます。
第1回目は、この暑い時季にふさわしい、お客様からも社員からもアツい信頼を得ている企画部部長の『島田学』です。

8

Q.入社のきっかけは?
前々職は住宅のコーディネーター、前職は住宅営業と、ずっと家づくりに関わる仕事に携わってはいたんです。
ただ、目先の利益ばかりを追求する企業体質、本当にお客様のことを考えているとは言えないやり方に疑問がわいて、積極的になれず怒られてばかりで…。
ある日突然会社に行けなくなってしまったんです。

会社に行ったフリして、河原で石を投げて時間を潰したり…もうドン底でしたね。

そんなときに知人から弊社のことを聞いて、ホームページを見たら、「訪問営業はしません」って書いてあるじゃないですか!
これは当時の自分には、ありえないことでした。
そして面接を受けに行き社長から『次世代まで残る、資産価値のある家づくり』をする、という企業理念を聞いて感銘を受けたんです。
自分がやりたかった家づくりはコレだ!と。

Q.ロジックに入社して変わったことは?
嘘をつかなくていい、ということです。
今までは、何の根拠も裏づけもなく「丈夫な家、夏涼しくて冬温かい家」を提案していたんです。
柱が多くて梁が太いから耐震性がある、とか、こういう断熱材を使っているから冬は温かい、とか。
断熱材がどんなに優れていても、計画換気がなされていなければ結露がひどくてカビが発生しやすく、家自体も長持ちしないし、住人が健康を害することだってあります。
そういう『家の本質』を知らないまま薦めていたんですね。
たった5年前の話ですけれど、当時ほとんどのハウスメーカーはそんな感じでしたし、今でもそんな営業をしている会社はたくさんあります。

ロジックでは、高気密・高断熱、耐震性をきちんと数値化してお客様にお見せできるから、自分の心に正直に、誠実な気持ちで自信を持って提案できます。
そういう意味で、嘘をつかなくていい。
お客様のメリットを最優先して仕事ができるのが、何よりも嬉しい変化でした。

8-2

————————————————————————–

島田学その②に続きます。

 

2017年8月29日 This entry was posted in 未分類.