ロジックの家づくりは、ここが違います


「うちで建てる家は、高気密高断熱、高耐震の高性能住宅です。」

 

口で言うだけなら、いくらでも言えますね(笑)。

住宅メーカーのショールームなどで営業の方にこのような事を言われたら、「その根拠は?証拠をみせてもらえますか?」と聞き返してみてください。きちんと答えられないようなら…そこで家を建てるのはやめましょう。

 

ロジックで建てる家はすべて、数値的根拠に基づいた長期優良住宅」です。

たとえば、性能を測る代表的な“数値”とは、以下のようなものがあります。

・Q値:熱損失係数(建物からの熱の逃げやすさ)

・μ値:夏期日射取得係数(夏期における日射の入りやすさ)

 

ロジックの営業スタッフは建築士や設計士ではありませんが、これらの“根拠”を数値化してお客様にお見せし、わかりやすく説明することができます。

2-1
もちろん実際に家を設計するのは建築家の先生たちですが、ロジックにお越しいただいたお客様が最初に対面するのは営業スタッフです。

その窓口でもある営業スタッフが家づくりの本質を知っておかないと、本当にお客様の立場に立ってお話ができません。お客様のほうも、本当に任せられるの?と不安になってしまいますよね。

2-2

お客様に不安を抱かせたり、がっかりさせたりすることがないように。

そして、自分の仕事に誇りとやりがいが持てるように。

ロジックでは日々、勉強を怠りません。

 

家という躯体をつくるのではなく、快適で安心できる暮らしをつくる。

それがロジックの家づくりです。

2017年9月7日 This entry was posted in 未分類.