スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2019/01/22

冬こそ本領発揮!24時間換気システムのメリットを紹介

Pocket

寒い日が続きますね。1月も半ばに入りました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

1月、熊本の平均気温は5.7℃と言われています。対して東京の1月の平均気温は5.2℃。全国的には「南国」イメージのある九州ですが、1月の東京との気温差はわずか0.5℃なのです。最低気温も0.3℃しか変わりません。

 

これまでロジックで家づくりをされたお客様からは、みなさん「エアコン1台で家じゅうが暖かい」と嬉しいお声をいただいています。夏の暑さももちろんですが、寒い時期こそその性能を実感するのが高気密・高断熱の家

かつて日本の家づくりでは、各部屋を個別に空調する考えが主流でした。しかしこの考え方による家づくりでは、部屋から部屋に移動する際に、急激な温度変化によって心肺停止などが引き起こされる「ヒートショック」が起きる恐れがあります。

しっかりとした気密化を行い、任意の空気の出入口を定めることで、全室、そして基礎の内部まで適温を保つことができます。そして正しく気密された家は壁体内結露を防ぎ、躯体を湿気や白アリから守り、住宅の寿命を延ばすことができます。

 

そして、高気密・高断熱の家と切り離せないのが「計画換気」。常に外気の出入り口を明確にして、必要な量の新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気を排出し続けるシステムです。

 

ロジックでは、全熱交換型第1種換気システムを採用。床下からリビングや各部屋、住まい全体の空気の流れをコントロールする計画換気(24時間換気)を行っており、”計画された空気の通り道”をしっかりと確保。高断熱・高気密でも室内の空気を新鮮な状態にキープでき、24時間365日、新鮮でキレイな空気が循環し続けます。

 

給気口から入る空気は、室温と同等のもの。せっかく温めた空気が冷やされ、光熱費が嵩むということもありません。ですから、冬の寒い日に窓を開けて換気をしなくても大丈夫。そして、これからやってくる花粉の季節にも威力を発揮するでしょう。また、健康面でも、適度な湿度を保ち、カビやダニ、ウイルスの繁殖を抑えます。

 

気密性が十分に保たれ、換気もしっかり行われている家は想像以上に快適なもの。
ぜひ、お近くのショールームで、ロジックのつくる快適な住まいを体験してみてください

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る