スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2019/02/05

完成見学会の活用法 タイミングとチェックポイントについて

Pocket

多くの人にとって人生最大の買い物であるマイホーム。他の何よりも高価な物なのに、注文住宅の場合は完成したものを見て購入することはできません。

分譲住宅や建売住宅であれば完成形を見ることも可能ですが、注文住宅は住む人の希望が本当に実現できているのか、でき上がるまではわかりません。

そこでおすすめしたいのが「完成見学会」。

モデルルームや住宅展示場と違い、実際に人が住む家を見ることができるため、自分たちの暮らす家へのイメージ膨らましやすいこと、気になる建設会社や工務店の工法や細部のこだわりなどをリアルに知れることが大きなメリットです。

今回は、マイホーム購入に完成見学会を役立てるためのポイントについてご紹介します。

 

■見に行く絶好のタイミングは、土地を購入する前
完成見学会に行くのは、土地を購入する前の段階がおすすめです。なぜなら、完成見学会では、よりご自身が建てたい家の具体的なイメージをしやすくなるから。漠然としたイメージだけで土地を購入してしまうと、実際に設計に入ったときにやりたいことが制限される場合もあります。

見学をして具体的なイメージを掴めれば、それに合わせた土地選びができるようになり、ご自身の理想を叶えやすくなるのです。

次に、完成見学会でチェックすべき特に重要なポイントを抑えていきましょう。

1.土地と家の大きさのイメージ
土地の大きさに対する家の大きさのイメージは、すでに家ができあがっている状態でなければ確認することができません。ご自身が検討している大きさの土地には、どのぐらいの家を建てることができるのかを、家の外と中の両方から確認し、全体のイメージを掴みます。

2.建材の実際の触り心地や色
室内で必ずチェックすべきポイントは、家で使われている建材の触り心地と色です。カタログやサンプルのみでのチェックとは違うこともあり、違った場合、暮らしのイメージの差が大きくなる部分。実物でしか感じられないところはしっかりとチェックしておきましょう。

3.使い勝手や生活動線
見学会の際は、実際にご自身がそこに住むイメージで見ることが重要です。家の使い勝手や生活動線もしっかりとチェックしましょう。そのうえで、例えば壁の位置やコンセントの数、作り棚の配置など、よりご自身の暮らしに沿ったものが見えてくるかもしれません。また間取りやインテリアなど建築家のこだわり、センスを見ることも、自分の理想の家を託すべき相手であるかを知るうえで重要なチェックポイントです。

完成見学会へ参加する最大のメリットは、建てる家を具体的にイメージしやすくなる点です。

具体的なイメージを持って土地探しをすれば、無駄な時間や費用をも費やすことなく、ご自身の理想をかなえるための土地を見つけることができるようになります。
要点を整理し、ぜひ完成見学会を利用して、理想の住まいをつくっていきしょう。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る