スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2019/03/07

工事中に変更したい点が出た場合の対処法

Pocket

多くの方にとって一生に一度の大きな買い物になるであろう「マイホーム」。これから先何十年と住み続けることを考えると、できるだけ自分たちの理想を詰め込みたいもの。家を建てる段階になっても「間取りを変えたい」「照明を変更したい」という希望が出てくることはあるでしょう。工事の様子を見て初めて具体的なイメージが湧く場合もあるかもしれません。

そこで今回は、実際に建築確認申請が済み、工事が始まってしまった段階でも家の要素を変更することはできるのか検証します

さて、建て始めてからの変更は結論から言ってしまえば「できる場合もできない場合もある」です。当然、3階建てを2階建てに変えることはできません。しかし、コンセントの配置や窓の大きさ・位置、外壁の色などの変更は依頼する時期によっては可能です

ただし、
1, 建築費の追加請求が発生する
2. 工期が長引いてしまう
この2点は致し方ないこと。内容によっては建築確認の再審査なども必要ですし、工事自体に支障が生じるためです。

では具体的に主な変更工事とその変更が可能な時期についてご紹介します。あくまでも一例ですので気になる場合は担当者へご相談ください。

できるだけ早めの依頼を要するもの
間取り→工事着工前
建物の配置→基礎・掘削前
サッシ・外部建具の位置→筋違い工事中
屋根材→上棟式の前
設備機器の位置・床材の材質や色→床根太工事中

ちなみにサッシの色の変更は、いつサッシメーカーに発注するかによって変わりますが、基本的には発注してから1週間以内であれば変更できます

上記ほどではないが、早めに依頼すべきもの
内部建具の材質の大きさ・電灯・コンセントなどの位置・浴槽→間仕切り壁工事中
外壁の色→外壁防水シート貼り工事中
キッチン→色決定から3週間以内
設備機器の色→色決定から2週間以内
タイルの色→色決定から1週間以内
輸入が必要な外国製の設備や、輸入材・特注材はこの限りではありません。必ず確認してください。

建築確認申請が済み工事を始めた後でも、家の要素を変更すること自体は可能です。ですが上記の通りタイミングが合わなければそれは叶いませんし、追加費用はかかります。
私たちロジックは、できるだけ工期中の変更がないよう事前にヒアリングを徹底していますが、万が一の場合に備えて、タイミングについては予めご承知おきください。
また、担当者が適宜サポートいたします。

家づくりについてご相談やご質問があれば、どうぞお気軽にモデルルームやショールームに起こしください。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る