スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2019/06/04

整理整頓が苦手でもOK! 納戸で玄関をすっきりさせる方法

Pocket

玄関をすっきりさせるには?
物というのは不思議なもの。わずか数年で増えて家の中が雑多になってしまうことも。整理整頓が苦手な人にとって、家をきれいに保つことはなかなか難しいものですね。
特に家族だけでなくお客様が出入りする玄関は、様々な荷物でごちゃごちゃしてしまいがち。そこで今回は整理整頓が苦手な方にもおすすめの玄関の整理術をご紹介します。

 

納戸で玄関をすっきり!
「靴を置くだけ」そう思っていた玄関は、暮らし始めてみると意外にも荷物を置いてしまうもの。ゴルフバッグ、釣り道具、スキーやスノボの板、はたまたギターなどの趣味の道具、あるいはスーツケースなど、大きな荷物を玄関に置いてはいませんか?
ならばいっそのこと、納戸を玄関近くに設置してみましょう

納戸は天井裏や部屋の奥の押入れ、クローゼットよりも荷物の出し入れが楽。それに外で使うもの、使用頻度が高いものものは玄関付近にしまっておいた方が便利です。また、しばらく使っていないものの一時収納にもメリットが。「今は使わないけれどいつか使うかもしれないもの」をあらかじめ期限を決めて保管し、もし期間内に使わなければそのまま外に捨てにいくことができます。外に近いことで断捨離の動線にもなるのです。

 

納戸をつくるときの注意点
玄関の横に納戸をつくれば、玄関に置いておくと乱雑な荷物をまるごと収納できます。家の「顔」でもある玄関をすっきりさせることで、来客時にも相手に良い印象を与えられて一石二鳥! また、仕事道具など毎日使うモノを納戸に入れておけば、外出時の準備もスムーズ。必要な道具を納戸に置いておける分、リビングや自分の部屋の整理整頓もしやすくなるでしょう。

ただし何でも収納できることで「荷物を置いたままにしてしまう」「ごちゃごちゃになって、いざ使いたいときにどこに置いたかわからなくなってしまう」といったデメリットも。
「整理用の棚やシェルフをつくる」「使わないモノは定期的に処分する」といった最低限のルールを家族内で決めておいたがよいでしょう。

 

お住まいの玄関近くに納戸用のスペースを設けてみませんか?
費用の面や他の部屋の広さなど、気になる点についてはぜひ私たちにご相談ください。

 

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る