スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2019/07/04

ジメジメした雨の日に!高性能住宅ほど室内干しがおすすめ

Pocket

梅雨の大敵!室内干しのニオイ対策

季節はすっかり梅雨。この熊本でも連日雨が続いています。
梅雨の季節の困り事第1位は、洗濯物が乾きにくいこと。特に共働き世帯に多い夜洗い&室内干しは、1日では乾かないこともしばしばで、部屋中が洗濯物だらけになったり、ニオイも気になります。室内干し用洗剤にも限界はありますし、ジメジメした空気はカビや雑菌が繁殖し、生乾き臭に気分もどんより。

 

まずは、すぐにできる生乾き臭対策をお教えしましょう。ポイントは、「とにかく早く乾かすこと」です

①湿度が低く、空気が大きく動く場所で干す
狭い場所に洗濯物を干すと室内の湿度も高くなり、衣類に含まれた水分は蒸発することができません。広くて空気の対流が起こりやすい場所、つまり家の中で言えばリビングが最適です。

②干し方を工夫する
・ 間隔を開けて干す
・ ズボンはひっくり返して干す
・ 長袖は逆さまにして干す
・ 生地と生地がくっつかないようにして干す

 

以上のように、空気の通り道を作ってあげることがポイント。また、アーチ型に干すとランダムに干すよりも乾燥時間を早めることができるそう。また、扇風機の風を、洗濯物の下の部分に当たるようにむけるとより効率的です。ただ、衣類についてしまった雑菌臭はなかなか消えにくいため、一度酸素系漂白剤の粉末を溶かした温水に1-2時間漬け置きするとよいでしょう。

 

高気密・高断熱住宅は快適に部屋干しができる家

ジメジメしたこの季節も、高性能住宅は本領を発揮します。夏も冬もエアコン1台で部屋中快適に過ごせる家では、逆に空気が乾燥しがち。室内に洗濯物を干すことで、適度に加湿することができるのです。毎日行う家事だからこそ、雨が続く季節も心地よくできると良いですね。

また、部屋干しを踏まえておすすめしたいのは「総二階」の家。1階と2階の面積が同じ、シンプルな形の家です。比較的低コストでつくりやすいのがメリットで、2階をプライベート空間、1階を来客もあるスペースとしてしまえば、気兼ねなく室内干しができます。2階にバスルーム・洗面・洗濯室を置くというのはおすすめですよ。

一言メモ:お風呂の窓は開けない方がいい?

九州という土地柄に限って言えば、お風呂の窓は開けない方が良いってご存知ですか?
湿度が高いため、外の湿気をお風呂場の中に取り込んでしまうのです。これは、高気密・高断熱住宅もそうでない住宅も同じく。お風呂場の換気には、窓を開けるより換気扇の使用が効果的です

家づくりの気になる点については、ぜひ私たちにご相談ください。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る