スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Staff Blog

Calendar

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

New

最新の投稿

Category

カテゴリー

Contributor

投稿者

Archive

アーカイブ

スタッフブログ

■2019/07/30

三角変形地に建つ家(O様邸)vol.2

Pocket

急な来客に困らない家

前回に引き続き、O様邸についてご紹介します。
今回特にお伝えしたいのは、その機能面について。O様邸の場合、玄関からキッチンへと続く土間がまず特徴的と言えるでしょう。そして、2階に浴室・サニタリースペース・ウォークインクローゼット(ファミリークローゼット)・主寝室をまとめたことも特筆しておきたい点です。

浴室と寝室があることで、2階には家の中の特にプライベートな空間が集まったことになります。それに、サニタリースペースとファミリークローゼットの動線は、「洗濯する→干す→片付ける」がとてもスムーズに。また、1階のリビング・ダイニングと同等の広さのフリースペースを2階にも設けたことで、お子さまのおもちゃや勉強道具、趣味の道具、あるいは日常のごちゃごちゃしたもの等をここに一時置いておくことも可能。

1階のLDKは、ご家族の日常空間でありながら、急な来客やホームパーティーなどにも耐えうる、意識的には少し「外に開いた」空間になりました

 

キッチンに「土間」をとりいれる、温故知新スタイル

「土間」といえば、かつて日本の住宅の台所に見られるものでした。半分家の中で半分外。外履きのまま農作業と平行して煮炊きしたり、火を起こす生活スタイルに適したものだったのです。とはいえ現代は竈に火をくべたりはしませんし、内と外をきっちりと分ける洋風の住宅様式の方が受け入れられています。

今回O様邸のキッチンは、玄関からそのまま土間続きとなるスタイルをご提案させていただきました。キッチンに立つご家族とリビング・ダイニングでくつろぐご家族の目線を合わせたのが一番の理由ですが、掃除のしやすさといった土間キッチンならではの機能性や、土間と吹き抜けを掛け合わせたLDKの開放感は、ご家族の暮らしに大きな影響を与えるでしょう。

周囲三方を隣家に囲まれているので1階の窓を開けることは憚られますが、例えばリビングにいくつかの観葉植物を置くと、土間があることでインナーテラスに寛ぐような気分を味わうことができます
ただしこれは、土間に懸念される足元の寒さを感じにくい高性能住宅なればこそのご提案です。

その他、熊本地震の経験から重量級の家具を置きたくないということで、大容量の収納スペースを各所に造り付けました。
ストレスの少ない生活動線や開放感に、O様にも大変気に入っていただけているようです。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る