当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。

コラム

一覧へ >

2021/04/03

なぜ人気?中庭のメリット

家づくりを考えられるときに、ご家族でバーベキューのできるお庭を希望されることがしばしばあります。バーベキューができる庭といっても、後ろ庭、前庭など様々な種類があります。そんな中でもプライベート空間が確保できるとして、人気が高いのが中庭です。

そこで今回は、中庭にできることを、ロジックの施工事例をもとに4つご紹介したいと思います。

中庭にできること4選

1.明るくする仕掛け

まずはスタンダードな中庭の役割です。家の中を明るくする仕掛けとして中庭が活躍します。住宅密集地などでは、プライバシーを守りつつ光を取り入れることが難しい場合があります。採光が難しい場合でも中庭をつくることで、プライバシーを気にせず大きく開口を取ることができ、明るいLDKをつくることができます。

2.広く感じさせる仕掛け

中庭の位置や見え方を工夫することで家の中自体を広く感じさせることが可能です。

例えば、写真のように玄関から入った先に開口、中庭と続けることで、外まで視線が抜けるため、奥行き感を感じさせることができます。玄関先が隣地などでプライバシーが気になる場合でも、中庭を設けることで大きな開口を付けることができるようになります。

3.セカンドリビング

少し変化球かもしれませんが、中庭をセカンドリビングとして活用することもできます。

こうしてアウトドア用の家具をおいて人目を気にせず、セカンドリビングとすることができるもの中庭ならではですよね。日曜日の朝、ブランチを中庭で。家事がひと段落して、夫婦での晩酌を中庭で。いろいろな使い方ができて、どれも生活が豊かになりますよね!

 

4.軽いガーデニング

最後にご紹介するのは、新しい趣味に挑戦できる中庭です。

ちょっとした植物を育てたいけど、広い庭を持つのは手入れが大変そう、なんて足踏みされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時にも写真のような中庭があると簡単にガーデニングに挑戦できるのではないでしょうか。

また、手入れした庭がライトアップされると、雰囲気も出てテンションが上がりますよね!

まとめ

いかがでしたか?

こうして様々見てみると、中庭にはいろいろな魅力がありますね。

中庭をつくるときは、ご自身の生活スタイルや希望に合った形を選ぶことが重要です。ハウスメーカーの設計の腕次第では、希望の形の中庭にできないこともあります。中庭をつくりたいとお考えの方は、設計力を重視してハウスメーカーを選ぶ必要があります。

しかし、設計力のあるメーカーを自分で見極めることはなかなか難しいですよね。

そこで、ロジックでは設計に関する知識を学ぶ勉強会を開催しています。「家づくりのプロ」である建築士が、家づくりに必要な知識を建築士ならではの視点で解説します。

参加費は無料、ご自宅で気軽に参加できるオンライン形式のセミナーです。お申し込みはバナーをクリック!

一覧へ >

まずはお気軽に
「無料のカタログ」を
ご請求ください。

家づくりに役立つ情報満載のカタログを心を込めて送ります

カタログのご請求は
こちらから