当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
中庭のある暮らし(甲佐町M様邸)vol.2 | ロジックアーキテクチャ

コラム

一覧へ >

2019/09/24

中庭のある暮らし(甲佐町M様邸)vol.2

中庭やインナーテラスというプライベートな半屋外空間を採り入れた住まい。
前回に引き続きM様邸をご紹介していきましょう。今回は、見どころ・こだわりの部分についてです。
圧倒的なデザインのファサード
まずは、ファサード(外観)。
M様邸のファサードは、M様たっての希望もあって、ロジックの代表とも言える「渡鹿の家」を彷彿させるものになりました。

特に玄関部分が特徴的なデザインです。外観からは中の空間がうかがい知れず、非常にプライバシーを重視したものになっています。
けれども内部空間は中庭を一体的に取り込み、非常に抜け感のあるつくり。見た目、機能、空間の作用や変調その全てがデザインとしてのこだわりです。
「欲しい」を叶えたLDK
次に、広々とした約23畳ものLDK。こちらは、M様の念願だったというCARL HANSEN & SON(カールハンセン&サン)のYチェアが似合うダイニング空間に仕上げました。

ダイニング横に併設したワークスペースは、M様ご夫婦の作業スペース、書斎、将来的にはお子様の勉強スペースと、多目的に利用可能。現在ここは娘さんのお気に入りの場所で、パパと一緒にお絵かきに勤しんでいるそうです。

また、キッチンはシックでラグジュアリーな雰囲気に統一。ご夫婦の意見もぴったりと合い、使い込むほどに味が出るお2人にとって特別なキッチンになりました。キッチンの奥には、バス・トイレ・洗面スペース・ランドリーなどの水回りが集約されています。

その他、玄関には大容量のシュークローゼットもご用意しました。ご夫婦のお好きなシューズや、集められているスニーカー、お子様の靴などが並び、まるでギャラリーのようです。

家づくりをはじめる前、いろいろな会社の見学会に参加したというM様。その中で、シンプルで余計なものがなく、生活がしやすそうなところに惹かれたと、私たちロジックを家づくりのパートナーにお選びいただきました。
M様の念願だったYチェアは、1950 年にハンス・J・ウェグナーによってデザインされた、今もなお世界中で愛され続ける北欧デンマーク生まれの名作イスです。何代にも渡り、修理して使い続けたくなる、そんな製品です。
そして、私たちロジックも、お子様やお孫様の代まで愛され受け継がれるような、機能性・デザイン性の高い家づくりをしています

将来、M様ご家族にとってこの家がそういった存在になることを祈り、これからもM様の暮らしを私たちもそっと見守っていきたいと思います。

一覧へ >

まずはお気軽に
「無料のカタログ」を
ご請求ください。

家づくりに役立つ情報満載のカタログを心を込めて送ります

カタログのご請求は
こちらから