スマホメニューを開く

現在のスクロール位置:

Column

コラム

■2019/01/21

リビングが“おしゃれ空間”になるステップダウンフロアがすごい!|快適住宅のすゝめ

この記事は3分で読めます。

Pocket

家族や友人とのくつろぎ空間を演出するステップダウンフロア

家族がくつろぐ空間であるリビング。せっかく注文住宅を建てるのであれば、リビングには一味違うアクセントを加えたいものです。また家族だけではなく知人や友人も訪れる可能性が高いリビングは、“おしゃれ”でなおかつ“便利”、そして“くつろげる”場所にしたいと思われるのではないでしょうか。そこで今回はおしゃれなだけではなく実用的でさらに家族や友人とのコミュニケーションがとりやすくなる「ステップダウンフロア」についてご紹介します。

ステップダウンフロアって何?

「ステップダウンフロアという言葉は聞いたことがあるけど、実際にはどういったタイプのフロアなのだろう」と思われる方も多いかもしれません。ステップダウンフロアとは、床に段差を設けたもので、おもに部屋の中心部分の床がほかの部分よりも一段下がっているフロアのことです。一般的にその段差は数十cmほどでそれほど大きな段差ではなく、人が座るのにちょうど良い高さとなっているため、座布団やクッションを置けば家族や友人同士でゆったりと座ってくつろぐことができます。

ステップダウンフロアのメリットはさまざまですが、そのなかでもとくに大きなものは、部屋全体を広く見せることができる点です。部屋を広く見せるにはたとえば吹き抜けやハイドアにして開放感を出す方法などがあります。実はステップダウンフロアにも、床を一段下げることでリビング全体を広く見せる効果があるのです。

また大勢の友人を呼んでホームパーティーを開くといった際も、人数分の椅子を用意する必要がないこともステップダウンフロアのメリットと言えます。仮に人数分の椅子が用意できたとしても、それではリビングが窮屈になってしまいます。その点、ステップダウンフロアであれば開放感はそのままに、大勢であっても段差に座ることができ、窮屈に感じることはありません。

リビングが“おしゃれ”空間に!

「ちょっとした段差をつくるだけでそれほど大きな効果はないのでは?」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしそのちょっとした段差が大きなアクセントとなり、ごく普通のリビングが一気におしゃれな空間に変貌を遂げます。また、リビング全体はフローリングで段差の下の部分だけは畳にするといったことも可能なため、デザインの自由度も広がります。

またステップダウンフロアには上の段から下の段へと向かう流れが生まれます。一段下がった場所は自然と人が集まる空間になりやすいという特徴もあるので、ステップダウンフロアはおしゃれな空間でありながら、コミュニケーションの中心的な場所としても大きな役割を果たすと言えるのです。

段差をベンチ代わりにしてゆっくりおしゃべり

床が一段下がると、空間に奥行きができ広く見えるのはもちろん、おしゃれに見せることも可能です。さらに、段差部分を広いベンチのように利用して、家族全員がゆったり腰かけて歓談することもできます。

一方で、ステップダウンフロアは「模様替えが難しい」「つまずく」といったデメリットもあります。また高齢者のいるご家庭では設置が難しいかもしれません。しかしくつろぎの空間を広く使いながら“おしゃれ感”も楽しめるというのは、普通のリビングでは得られないものです。少しでも興味がある方は、ぜひ工務店にご相談してみることをおすすめします。

ページtopに戻る

このページの先頭に戻る